フォルテ、よく吐く。(その後…)

カニンヘンダックスフントのフォルテくん。

先回のエントリーの後2回、全部で3回もりやま犬と猫の病院へ行ってきました。

2回目の受診では、検便の結果、腸内細菌に悪玉菌が多いということで、処方された抗生物質の種類を変えて様子を見ることになりました。

そして2009年10月7月(木)夜の受診では、検便の結果、腸内の悪玉菌が格段に減っていたので、朝晩処方されていた薬が1回だけになりました。

これで落ち着いてくれればいいんだけどと思っていた矢先、今日は朝に1ヶ所、帰ってきてから2ヶ所吐いているのを見つけました。

何か変な病気が隠れていないか心配です…。

そんなフォルテくんも明日で生後6ヶ月になります。

相変わらず甘噛みはするし、ケージの外に出すと興奮しすぎて落ち着かないし、散歩の時に拾い食いをしようとするし、まだまだしつけができているとはとても言い難いんですが、それでもボク達にとってはとっても大事な家族になりました。

早く一緒にリビングで落ち着いて過ごせるようになりたいなぁ…。

フォルテくんの写真はFlickr で、動画はYouTube でそれぞれみることができます。

にほんブログ村 犬ブログへ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL