Macbook Pro(MA895J/A)のHDDを換装しました。

フォルテがいない間に(と言ってはなんなんですが…)Macbook Pro(MA895J/A)のHDDを換装しました。

2007年2月に購入して、音楽や写真、ムービーを取り込み続けて、120GBあったHDDの空き容量は残り5GBまで減っていました。

いろんなサイトで換装レポートが出ていたので、自分も変えてしまおうと思いやってしまいました。

用意したHDDはHGSTのHTS545050B9A300。500GBで今までのおよそ4倍ちょっとのサイズになります。

最終的にはちゃんと動くようになったのですが、失敗したポイント2つを書き留めておこうと思います。

まずは500GBのHDDへのデータ移行。

外付けのHDDケースに入れてCarbon Copy Clonerでクローンを作ったんですが、転送方式がまずかった。

USB2.0で繋いだからか、クローン作成までにかかった時間が12時間!

いつもFirewire接続のHDDにタイムマシンでバックアップしていたからそっちで復元すればよかったかなぁ…と後になって後悔。

もう1つは起動確認。仮組みした時に電源ボタンを押しても何も反応しない…。

何でだろうともう1回バラしてみると、キーボードと基盤を繋いだ部分が外れていたんです。

ちゃんと繋ぎ直してみると、すぐに起動しひと安心。

取り外して余った元のHDDはケースに入れてREGZA 42ZV500につけて、録画用のHDDにしました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!