フォルテ、入院7日目。…と思いきや、退院!

カニンヘンダックスフンドのフォルテくん。

もりやま犬と猫の病院に入院して7日目。

昨日の先生の説明だと、う○ちが出れば退院と言っていましたが、特に病院から連絡もなかったのでどうかなぁと思いながらお見舞いに行くと、先生に呼ばれて診察室へ。

先生からう○ちの状態もよかったので、退院しましょうとまず一言。

まったく予測していなかったのでビックリ!

今回の手術内容を教えてもらい、今後の治療方針を確認しました。

退院処方は粉薬が4日分。食事は1日3回に分けてお湯でふやかして食べさせる。当分はケージの中での生活。次の診察は薬がなくなった時、つまり今度の木曜日(2009年11月12日)。抜糸は様子を見て考えましょうということでした。

家に帰ってケージに入れると、最初はお腹をつけないように頑張っていたんですが、しばらくすると横になってしまいました。

R0010826

これで寝るかなぁと思っていると、突然きゃんきゃんと今までに聞いたことがないような声で鳴き始めたんです。

やっぱり開腹手術と去勢を同時にやれば、お腹も痛いでしょうね。

少しずつ痛みが取れて元気になっていって欲しいです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!