iPhone版バウリンガルが待ち遠しい。 #wanko

このページでも紹介されていますが、iPhone版バウリンガルの発売がアナウンスされましたね。

犬の鳴き声を人間の言葉に翻訳したテキストを、そのままTwitterに投稿できるようにした。

とあるように、twitter連携が重視されています。

iPhone版バウリンガルは7月上旬の提供を目指して開発を進めており、価格は600円を予定(米国版は4ドル99セント)。

まだ数ヶ月ありますが、とても楽しみですね。

そのうち、わんこ専用アカウントでのつぶやきが増えるのかなぁ…。

うちも準備しとかなきゃ!!

この投稿へのコメント

  1. きょこ said on 2010年2月16日 at 9:43 PM

    600円なら、アリですね?!!
    フォルテはおしゃべりだから、余計に楽しそうだぁ。

    • tomo said on 2010年2月17日 at 1:43 AM

      きょこさんへ。
      ボクも600円ならありかなぁって思ってます。
      最近、ホントによく吠えるんで、何言ってるのか知りたいですよ。
      そのうち、フォルテもtwitterでつぶやくかも!?

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL