MacbookPro15インチ用バッテリーを購入しました。

先日も書きましたが、MacbookPro15インチ用バッテリーを購入することになったので、早速注文して届きました。

R0010942

せっかくなんで、新品のバッテリーと劣化したバッテリーとの比較をちょっとしてみようかなぁと思います。

まずは劣化したバッテリー。

バッテリー1

使い方が悪かったせいでしょうか、たった204サイクルなのにこんなに落ち込んでいます。

次に新品のバッテリーです。

バッテリー2

やっぱり新品です。

ほぼ満タン状態です。

もうバッテリーの購入は2回目なのでこれ以上繰り返さないように忘備録として、Appleが掲載しているバッテリー関連の情報をまとめておきます。

まずは、アップル – バッテリー – Appleのノートブックコンピュータの情報。

バッテリー寿命

前世代のMacBook、MacBook Air、MacBook Proの取り外し可能なバッテリーは、適切な使い方をした場合、充電サイクルが300回までは、80%のバッテリー容量を保持できるよう設計されています。十分なバッテリー駆動時間を保持できなくなった場合は、バッテリーの交換をおすすめします。

もう1つ、Apple Portables:コンピュータのバッテリーを調整して最高の状態にする

PowerBook G4 (15-inch Double-Layer SD)、MacBook (全モデル)、MacBook Pro (全モデル)、MacBook Pro (17-inch) (全モデル)、および MacBook Air の場合

PowerBook G4 (15-inch Double-Layer SD) および、MacBook または MacBook Pro の任意のモデルの場合、これらのコンピュータに合わせて新たなバッテリーが採用されたため、バッテリー調整方法が変わりました。これらのコンピュータをお使いの場合は、以下の手順に従ってバッテリーを調整してください。

  1. 電源アダプタをつなぎ、PowerBook のバッテリーを、電源アダプタプラグのリングあるいは LED がグリーンに変わるまでフル充電します。画面のメニューバーにあるメーターでバッテリーがフル充電されたことがわかります。
  2. 少なくとも 2 時間は、バッテリーをフル充電の状態のままにしておきます。この間は、電源アダプタを差し込んだ状態のままであれば、コンピュータをお使いいただけます。
  3. コンピュータにまだ電源が入っている状態で電源アダプタを外します。コンピュータのバッテリー残量が少なくなり始めます。この間にコンピュータをご利用いただくこともできます。 バッテリー残量が少なくなると、それを知らせる警告ダイアログが画面上に表示されます。
  4. この時点で、作業内容を保存します。バッテリー残量が残りわずかになったら、コンピュータが自動的にスリープ状態になります。
  5. コンピュータの電源を切るか、5 時間以上、スリープ状態のままにします。
  6. 電源アダプタを接続し、バッテリーが再びフル充電されるまでそのままにしておきます。

いまのところは、新しいバッテリーも調子よく動いてホッとしています。

この投稿へのコメント

  1. oʇı ıʞnʎoɯoʇ (@feelingplace) (@feelingplace) said on 2011年6月22日 at 3:05 PM

    過去記事紹介: MacbookPro15インチ用バッテリーを購入しました。 http://bit.ly/aVMj8B

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL