もしもの時のTime Machine。

先週からMac OS XのFinderの調子が悪く、Spotlightも起動にとても時間が掛かるようになっていました。

きっと何かが壊れているんだろうと思い、インストールディスクからMac OS Xを起動してディスクユーティリティで修復をかけてみることにしました。

結果、やはり数ヶ所問題があったようで、無事に修復させました。

2010/07/18の日曜日、改めてMac OS Xを立ち上げてFinderを操作したり、Spotlightで検索しようとしても、やっぱりもっさりしてる。

そのうちまったく反応もしなくなり、諦めて電源ボタン長押しで強制終了。

もう1回立ち上げようと電源ボタンをポチッと押しました。

まずは真っ白の画面になり、順調に起動しているように見えました。

…。

……。

…………。

……………………。

いつまで経っても真っ白のまま。

これはハードディスクがやられてるかも…と嫌な予感。

考えていても仕方ないので、もう1度インストールディスクからMac OS Xを起動してディスクユーティリティで修復をかけてみることに。

結果は修復できず!

こうなったら、ハードディスクをフォーマットして再インストールです。

まずは電源ボタンを押しつつ、Snow Leopardのインストールディスクを入れます。

次にディスクユーティリティでハードディスクをフォーマットします。

フォーマットしたハードディスクにSnow Leopardをインストールします。

途中、Time Machineからの復元をするか聞いてくるので、Time Machineのディスクをこのタイミングで繋ぎます。

復元するデータを選んで次に進めていきます。

後はインストールとデータの復元を待つだけ。

18日の夜中から作業を始めて、翌朝にはインストールは終了していました。

19日朝からTime Machineのデータの復元が開始。

昼過ぎに用事を済ませて帰ってきた時には、データの復元も終わっていました。

まぁ、時間は掛かりましたけど、こんなにあっさりと元の環境に戻せるTime Machineのお手軽さに驚きと感動です。

Macを使い始めたキッカケがVAIOのハードディスクトラブルだったので、Macになってからは最低でも週に1度のバックアップを取っておいて正解でした。

ホントはこんなことはもう起きて欲しくないんですが、転ばぬ先の杖としてのTime Machineの役割を実感できた連休でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL