通知センターだけでなくランチャーアプリも積極的に使わない2つの理由。

130MM Multiple Rocket Launcher
130MM Multiple Rocket Launcher Photo by Children of the Concrete

ランチャーアプリを使わない?

iPhoneを少ない画面で運用している人にとっては欠かせないのがランチャーアプリ。

ただ、ボクにとっては通知センターもランチャーアプリもほぼ同じ使い方・考え方と捉えています。

それはアプリのショートカットを置くため。

通知センターに関しては以前、

こんなエントリーを書きましたが、ボクは通知センターだけでなくランチャーアプリも積極的に使っていません。

その理由は2つあります。

通知センターだけでなくランチャーアプリも積極的に使わない2つの理由。

その2つの理由とは、

  1. ランチャーアプリを立ち上げてすぐに目的のアプリにたどり着けなければ、何度もスクロールしないといけない。
  2. アプリの移行時、再設定に手間が掛かる。

1つずつ見て行きましょう。

ランチャーアプリを立ち上げてすぐに目的のアプリにたどり着けなければ何度もスクロールしないといけない。

ランチャーアプリを立ち上げてすぐに目的のアプリをタップすることができるのであれば、

  • アプリ起動
  • アイコンタップ

の2ステップで済みますが、1度でもスクロールする必要があれば、

  • アプリ起動
  • スクロール
  • スクロール止める
  • アイコンタップ

の少なくとも4ステップが必要になります。

こうなると何でもかんでもランチャーアプリに放り込む人の場合、結局ホーム画面めくってフォルダに整理したアプリを起動するのと何ら変わりません。

アプリの移行時、再設定に手間が掛かる。

ランチャーアプリは何種類もありますが、その設定はバックアップができるのでしょうか?

また、他のランチャーアプリの設定をインポートすることができるのでしょうか?

これができないのであれば、ランチャーアプリを乗り換える度に設定をし直さなければならず、余計に手間が掛かります。

登録されているアプリを使い、並び替えるだけならともかく、URLスキームを駆使してショートカットを作っている人なら更に手間が掛かります。

だから制限をかける。

だからボクは通知センターとランチャーアプリの使用に制限をかけているのです。

通知センターにショートカットを置くMyShortCuts+Viewerは、@dqfuさんのMyScriptsスクリプト「MyShortcutsImport」を使うことで再設定が簡単にできます。

またSwipemintは登録が4つだけに絞られているから迷うことがありません。

ランチャーアプリを否定する訳ではない。

ただ使い方・設定によっては、かえって無駄が多くなることを意識する必要もあると思います。

iPhoneをよりシンプルに、より手数を少なく使うのであれば、ランチャーアプリに何でも詰め込むことも考えものではないでしょうか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL