名古屋を食べ尽くせ!!名古屋めし食べ歩きツアー・フォトウォーク編 大須商店街

名古屋城

朝食をコメダで食べて名古屋城を見学。そして、しら河でひつまぶしを堪能した今回の名古屋めし食べ歩きツアー。この企画の主役、関東から遊びに来た妻の友人、みーちゃん(仮)の希望を改めて確認しておくと、

  • コメダ
  • 手羽先
  • ひつまぶし
  • みそかつ
  • きしめん

と達成項目は2/5。女性の胃袋であと残る手羽先・みそかつ・きしめんの3つを1日でクリアするのは少ししんどいかなと思えてきました。(某赤いメガネのはらぺこプロは除く。)

この3つの中で優先順位を決めないといけないんですが、さすがにすぐには食べられない。ってことで今回も少し歩いて腹ごなしすることに。

みーちゃん(仮)は洋服が好きなので、大須商店街を歩くことにしました。

大須商店街

ボクの中でこの大須商店街は電気街というイメージなんですが、単純に1つの枠に収まるような街ではないのがこの大須。

公式サイトから引用すると、

「大須」という街全体に年齢性別国籍を問わずさまざまな人々を受け入れる雰囲気があります。
海外の商品を販売する店舗や外国人が集まる店舗などが多くあり、名古屋にいながらにして、さまざまな国々の文化やファッション、グルメに触れることができる多国籍な街という側面も持っています。
また、老若男女問わず、安価な洋服やおしゃれ小物、古着を求める人々が多く訪れるファッションの街でもあり、毎日多くの買い物客で賑わいます。

と何でもござれのごった煮の商店街。

みーちゃん(仮)を連れて歩くにはもってこいの商店街なのです。

大須商店街でフォトウォーク。

そんなごった煮の商店街である大須はある意味ネタの宝庫。ブラブラ歩くだけではなく、写真を撮って歩くにも面白い場所。

ボクとみーちゃん(仮)の2人はフォトウォークを楽しんじゃいました。

以下はボクがその時にInstagramにアップした写真なんですが、まず1枚目。

にゃー
にゃー Photo by feelingplace

招き猫だらけなのが気になって撮った1枚。よくよく見てみると七福神やブタさんもいますね〜。

続いては別の店先に並べてあったこちら。

アルパカ♡
アルパカ♡ Photo by feelingplace

A!@attripさん!?と一瞬思いましたけど大小様々なサイズのアルパカの置物でした。

これ、本物のアルパカの毛を使ってるみたいなんですよ!写真には写ってないんですが、お手入れ方法には定期的にブラシをしてくださいと書いてありました。

最後はグルグル歩き回ってお茶するために入ったカフェからの1枚。

Photo by feelingplace * Instagram
Photo by feelingplace * Instagram Photo by feelingplace

奥に見えるのが大須観音。こんな小洒落たカフェが至る所にあるのも大須商店街のいいところです。

見てるだけでも楽しい!!

フォルテ大型連休だったこともありこちらも黒山の人だかりではあったんですが、シャッターに絵が描いてあったり、店先に並んでる商品も気になるものがたくさんあって、見て回るだけでも十分楽しめるのが大須商店街。

名古屋に来ることがあれば、1度ふらっと歩いてみるのもいいと思いますよ〜。

ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

RSSリーダーでブログを読みたいという方は、こちらのフィードの購読をお願いします。

Twitter

Twitterでは

Facebook

Facebookでは、

  • Facebookページ
  • 当ブログFacebookページと

  • Facebookページ(フォルテ)
  • 当ブログマスコットキャラクターでありメインキャラクター、フォルテの写真や動画をブログに先行して公開しています。(ブログにはアップされないフォルテもあるかも…。)

Google+

Google+では

  • Google+
  • 筆者の個人アカウントと

  • Google+ページ
  • 当ブログのGoogle+ページで発信しています。

Instagram

  • Instagram
  • Instagramではフォルテの写真を主にアップしています。フォルテまみれになりたい方はこちらもどうぞ。

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL