動物の動画を撮るのに最適!YouTube Captureで今すぐ撮影&アップロード!!

IMG_5935

YouTubeへのアップロード目的で使い始めたYouTube Capture。これが意外にもボク@feelingplaceの用途にはピッタリはまっていたことを実感しています。

ボクの用途はもちろんフォルテの撮影。今回はYouTube Captureのどこがフォルテのそして動物の撮影にピッタリだったかをご紹介したいと思います。

YouTube Capture YouTube Capture 1.4(無料 サイズ:28.3 MB)
販売元:Google, Inc. – Google, Inc.

録画開始の音が出ない。

これは実際に使ってみないとわからないことなんですが、標準カメラだと録画開始で『ポン!』と音がなります。これは動物を撮る時にはかなりの高確率で気がつかれてしまうのでiPhoneで動物を撮る上での苦労するポイントになっていると思います。

IMG_5937

それにひきかえYouTube Captureではスクリーンショット右側の赤い録画開始ボタンを押しても音が出ません。これだけでもボクにとっては大きなメリットです。(もちろん悪用厳禁ですよ!!)

録画時間がわかりやすい。

録画ボタンを押すとボタン部分で録画時間がカウントされています。

IMG_5938

結局最後はボタンを押して録画停止するので、真っ先に目が行く録画ボタン部分で録画時間がわかるのはいいですよね。

すぐにYouTubeにアップロードできる。

録画が終わるとすぐにアップロードできるようになります。まずタイトルを入力してタグや詳細はアップロードが完了してからの入力になります。この辺りの細かい説明は、

を読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

すぐにアップロードしなくてもちゃんとカメラロールに保存されているので安心です。

もうチャンスを逃さない!!

< style=”float:right;” >フォルテ

>

このスクリーンショットを見ていただければわかるんですが、設定次第ではiPhoneを横に倒しただけで録画を始めることもできます。

IMG_5939

iPhoneで愛犬・愛猫の寝ているところを写真に撮るなら間違いなくOneCamをお勧めしますが、動画ならボクはこのYouTube Captureがイチ押しですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL