文字列を任意のHTMLタグで囲むTextwellアクション、Enclosed by HTML tags。

Textwellアイコン

DraftPadの後継として現れたアプリ、Textwell。ボクも連日記事を書かせていただいています突然消えたDraftPad。その正統後継者、Textwell。 | Feelingplace箇条書きをHTMLのリスト化するTextwellアクション、Text2List。 | Feelingplace

そのTextwellなんですが、現時点ではテキスト置換ユーティリティーアプリのTextExpanderに対応していません。TextExpanderに慣れてしまうとその便利さに甘えてしまいTextExpander未対応のアプリを使う頻度が下がりがち。それをTextwellのアクションで補えないかというのが今回のテーマ。

今日は第2段として、ひとりぶろぐの@hitoriblogさんのご了解を得た上でText2Listをベースに改造・公開したMyScriptsスクリプト、Enclosed by HTML tagsをTextwellに移植したので公開いたします。

Textwell
ダウンロードはこちらのボタンから!!


Enclosed by HTML tagsでできること。

Enclosed by HTML tagsでできることはシンプルです。

HTMLタグで囲みたい文字列を選択して、

pタグ

任意のタグで囲む。これだけです。

もちろん、途中からでもOK。

strongタグ

シンプルだからわかりやすい。使いやすい。

アクションのリンクはこちら。

Enclosed by HTML tags

TextwellがインストールされたiOSデバイスで上記のリンクをタップしてください。

操作方法。

操作方法も非常にシンプル。HTMLタグで囲みたい文字列を選択し、先程取り込んだアクションをタップ。

タグ入力

任意のタグを入力してOKをタップしてください。(仕様上、最後に1つ改行入ります。ご了承ください。)

デモ動画。

これも実際に見てみないとイメージつきにくいので動画にしてみました。

いかがでしょうか?Textwellだけであっという間に文字列がHTMLタグで囲めるのは、やってみると想像以上に捗りますよ!

後から囲ったほうが楽!!

< style=”float:right;” >フォルテ

>

TextExpanderは慣れてしまうと手放せないアプリですが、このように後から処理するのは得意ではありません。

その点このEnclosed by HTML tagsを使えば、後からHTMLタグで囲めるので何も考えずにただ書いていけばいいので簡単です。

Textwellを持っているのであれば、1度試していただきたいアクションです。

Textwell
ダウンロードはこちらのボタンから!!


ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

Twitter

Facebook

Google+

Youtube(フォルテやiPhone・iPadアプリ操作デモ動画)

Instagram(#朝1フォルテなど)

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ブロガー: 文字列を任意のHTMLタグで囲むTextwellアクション、Enclosed by HTML tags。 | Feeling…ちぇ、け、らぁー☆ […]

トラックバック URL