MyEditorでMarkdownプレビューするためのスクリプトを改修しました。

MyEditorアイコン

実は今週月曜日の記事からMarkdownでの執筆に切り換えています。HTMLを混在して書けるので、移行のストレスは全くなくスムーズに書けています。

唯一の問題はボクがメインで使っているエディタ、MyEditorでMarkdownプレビュー・変換のスクリプトがうまく動かないこと。

それなら自分で直してしまえっ!!とやったものを公開したいと思います。

MyEditor – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化


MyScripts – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


これまでのMarkdownプレビュー・変換スクリプト

これまで自分が全くMarkdownに触れていなかったので気にしていませんでしたが、既存のスクリプトでは

  1. 混在したHTMLを表示できない。
  2. テーブルが変換できない。
  3. リンクが変換できない。

などの問題点があることがわかりました。

Markdownプレビュー・変換改修前

ブログを書く上でテーブルはあまり使っていませんでしたが、リンクとHTMLの混在はちゃんとプレビューできないと執筆に支障をきたす原因になりかねませんでした。

改修のヒント

改修のヒントをくださったのはとしやさん(@toshiya240)。先日としやさんが書かれたこの記事の中にヒントがありました。

この記事の中で

今回は Markdown エンジンとして chjj/marked · GitHub を使うことにしました。
marked は GitHub Flavored Markdown · GitHub Help に対応しており、table 記法やコードブロックが使えます。

とあり、これを使えば何とかなるんじゃないかと思ったのです。その日のうちにiPhoneでポチポチ改修を進めて出来上がりました!!

改修後のMarkdownプレビュー・変換スクリプト

改修後のMarkdownプレビュー・変換スクリプトで同じ文章をプレビューしてみましょう。

Markdownプレビュー・変換改修後

前半部分は同じように問題なくプレビューできています。後半部分もHTML混在の部分やテーブル、リンクもしっかりプレビューできているのがわかりますよね?

としやさんのスクリプトと同じように先頭行だけは変換しないように処理してあるので、変換後はすぐにするぷろ for iOSやPressSync Proでアップすることができますよ〜。

これで安心して書ける!!

フォルテ
自分がちゃんとしたMarkdownを書けているかどうかはやはりまだまだ心配なところです。このスクリプトがあれば確認をしながら書き進めることができます。

MyEditorをお使いの方はぜひお試しください。少し改造すれば、他のエディタでも使えると思いますよ〜。

このスクリプトの利用にはMyScriptsおよびMyEditorが必要になります。

スクリプトはMyScriptsがインストールされたiOSデバイスで下記のリンクをタップしてください。

Markdownプレビュー・変換スクリプト

MyEditor – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化


MyScripts – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL