全ての起点となり得るアプリ、Drafts。

Draftsアイコン

どんなに素晴らしいと言われても、自分が必要と思わなければその情報を掴もうという気も起こりません。
ボクにとってはこのDraftsがその1つ。

起動の速さ、アクションの豊富さを考えると全ての起点となり得るアプリだと感じました。

Drafts – Agile Tortoise
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング


起動の速さ。

あくまで個人の体感ですが、起動の速さだけを捉えて考えると同種のアプリのTextwellよりも若干速く感じます。

アプリを立ち上げてすぐに書き始めることができるのは何者にも代え難い強みになります。

Drafts起動直後

Textwellとの大きな違いは、Textwellが初期状態では1枚のメモ帳のようなものであるのに対し、Draftsは複数のメモが置ける作りになっています。

アクションの豊富さ。

Draftsのもう1つの売りはアクションの豊富さ。

Draftsアクション

起動の速さを武器にして取ったメモを他のアプリへの連携がしやすいように最初から数多くのアクションが準備されています。

URLスキームでの連携。

仮に自分が使いたいアクションがない場合は自作することができます。

Drafts URLスキーム

例えばするぷろ for iOSへ送りたい時には、slpro://[[selection]]としておけば選択範囲または全文がするぷろ for iOSに送られます。

モブログでの活用。

モブログでの活用という視点でみると、HTMLで書きたい人にはTextExpanderが使えて、Markdownで書きたい人にはMarkdownプレビューと変換してコピーするアクションが備わっているので、困ることは少ないかなと思います。

後からタグで囲みたい人はURLスキームを活用してMyScriptsスクリプトで処理することもできます。いくつかサンプルを置いておきますので使ってみてください。

DraftsでURLアクションを使うためには設定→URL SECURITYのAllow URLs to trigger actions?をONにする必要があります。

Drafts_URL_SECURITY

上記のアクションはいずれもDraftsとMyScriptsセットで必要になります。またアクション実行後は新規メモを作成しコピー、すぐに削除する設定にしてありますので、実行結果は必要な場所に貼り付けてご確認ください。

起点でもあり終点でもある。

フォルテ

AppHtmlなどのブックマークレット連携やアクション実行後にカーソル位置への貼り付けができずに新規メモになってしまうことだけ注意すれば、モブログ用のエディタとしても十分に使えるエディタではないかと思います。

どちらかというとDraftsは『モブログできる。』というより『モブログできる。』エディタという印象。

起動の速さや豊富なアクションを活かして何でも書き残していく。そしてそれをうまく利用するのがDraftsの上手な使い方かなと感じました。

Draftsは日本語化されていないアプリなのでその分とっつきにくいかもしれませんが、Draftsの大型連載をヒロセさんが書いているので、そちらを参考にして自分なりの使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

Drafts – Agile Tortoise
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL