WordPressのデータを流用できる、PressSync Url Actions設定の勘どころ。

PressSync Proアイコン

先日ご紹介したPressSyncのUrl Actions。

試してみるとWordPressのデータを使い回しできることがわかりました。

今日はUrl Actionsの使い方の勘どころとサンプルを少しご紹介したいと思います。

PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


Url Actionsとは?

Url ActionsとはPressSyncに搭載されている機能の1つ。

指定した書式に基づいてPressSyncから他のアプリにデータを送ることができるようになるものです。

WordPressやBloggerなどのブログシステムに投稿ができるアプリとしては外部との連携ができるものがあまりない(ボクが知る限りではMobloggerくらい)ので、この機能自体が貴重なものです。

Mobloggerが編集中の文字列を対象にして外部との連携ができるのに対し、PressSyncではWordPressに投稿したデータを対象にしています。

パラメータを知る。

PressSyncのUrl ActionsでWordPressのどのデータが使えるかを知ること、すなわちUrl Actionsで使えるパラメータを知ることが最大の鍵になります。

使えるデータはXML-RPC WordPress API/Posts « WordPress Codexに書かれているwp.getPostが対象。

しかし先日のPressSyncのUrl Actionsで使えるパラメータがこんなにあったとは!! | Feelingplaceで開発者のアローイさん(@aroooy)の発言を引用した通り、

wp.getPostのReturnValuesに定義されているフィールドであれば指定可能なように作っていたはずです。arrayとネストされる構造体は多分無理ですが…

と全てが使えるわけではありません。試してみた結果、

  • post_id
  • post_title
  • post_status
  • post_type
  • post_name
  • post_author
  • post_password
  • post_excerpt
  • post_content
  • post_parent
  • post_mime_type
  • link
  • guid
  • comment_status
  • ping_status

以上のデータが取得できました。取得できたデータはwp.getPostのReturnValuesのstringでした。(実用性があるかどうかは別問題ですよ。)

パラメータが書ける場所を知る。

次はパラメータをどう書くかです。書き方は

  1. Urlに直接書く。
  2. フォーマットに書く。

の2種類。簡単に説明しましょう。

1.Urlに直接書く。

1つ目はUrlに直接書く。これはUrl Actions MakerのUrl欄に直接カスタムURLスキームを書きます。

例えばBufferに記事のタイトルとURLを送りたいのであれば

PressSync_Url_Actions_Url

Urlに

bufferapp://?t=[post_title]&u=[link]

と書きます。フォーマットは空欄で構いません。複数のパラメータを使いたい時にはこちらが便利です。

フォーマットに書く。

もう1つはフォーマットに書く。こちらはカスタムURLスキームに[format]と書くことでフォーマットに書いた内容を展開できるというもの。

例えばTweetlogixに定型文をつけて記事のタイトルとURLを送りたいのであれば

PressSync_Url_Actions_format

Urlに

tweetlogix:///compose?text=[format]&username=feelingplace

と書き、フォーマットには

ブログ更新しました(U ・ω・):  
[post_title]  
[link]

と書きます。この書き方だとフォーマットに日本語や改行を書いても展開されるので便利です。

あとは工夫次第。

フォルテ
紹介した2つの書き方をそのまま応用してもいいですし、この2つを組み合わせて使うことも可能です。

このデータをどう使うかは工夫次第。

うまくやれば、データを加工できるアプリに送っておいてから別のアプリに送ることも考えられますよね。

ボク自身もうまく使えていなかったUrl Actionsですが、この機会に使ってみようと思っています(^-^)

PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] WordPressのデータを流用できる、PressSync Url Actions設定の勘どころ。 | Feelingplace […]

トラックバック URL