【バドミントン】トマス杯優勝・ユーバー杯準優勝でもメディアに取り上げられない現実。

2014年トマス杯・ユーバー杯

そもそもトマス杯・ユーバー杯ってなに?と言われそうですが、バドミントン界にとってはこれは大事件です。

インドのニューデリーで行われていた国・地域別対抗戦のトマス杯(男子)・ユーバー杯(女子)でそれぞれ優勝・準優勝したんですよ!!

でも残念ながらメディアではほとんど取り上げられていません。

トマス杯・ユーバー杯とは。

トマス杯・ユーバー杯とは、世界バドミントン連盟(Badminton World Federation)が開催する国・地域別対抗戦。

現在は2年に1度の開催となっており、過去には日本でもトマス杯は1964年・1990年・2006年の3回、ユーバー杯は1969年・1972年・1981年・1990年・2006年の5回開催されています。

ボクも2006年開催の時には仙台で行われた予選を観に行きました。

この大会はサッカーで言えばワールドカップに相当する大会。

その大会で男子が優勝、女子が準優勝という快挙なんです!!

メディアに取り上げられない現実。

それにも関わらずメディアではほとんど取り上げられていません。

日本ではJ SPORTSがライブ中継していたようですが、地上デジタル放送では中継なし。

こんな状態なので検索してもニュースが少し出てくる程度。試合の動画はほぼ見つかりません。

世界バドミントン連盟のサイトからYouTubeの公式チャンネル、BadmintonWorld.tv – YouTubeに飛べるんですが、どの動画を見ても

この動画は、お住まいの国では公開されていません。

残念ながら『この動画は、お住まいの国では公開されていません。』と言われてしまいます。

恐らくJ SPORTSが中継していたので権利関係の問題で世界バドミントン連盟の公式動画でも見られないのでしょう。

プレーが見られないのは残念。

フォルテ

女子は1981年大会以来の決勝進出、男子はこれまで5連覇していた中国を準決勝で破り、シングルスランキング1位の選手を擁するマレーシアを決勝で破っての優勝。

これがマイナースポーツが置かれている現実なのかもしれませんが、メディアでも取り上げられずプレー動画も見られないなんて本当に残念です。

実は日本のランキングはかなり上がっていて、大会終了後のランキングは男子シングルスは4位、ダブルスは3位。

女子シングルスはトップ10に入っていませんが、ダブルスは4・5位にいます。

このまま行けば2016年のリオデジャネイロはもちろん、2020年の東京オリンピックでもメダルを狙えるのではないでしょうか。

テレビ中継は無理かもしれませんが、せめてネットで動画が見られるようになって、この試合の凄さとバドミントンのよさを知ってもらいたいなぁと個人的には思うんですけどね。

2014年5月29日12:45追記

こんな方法で見ることもできますよ。

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL