WordFes Nagoya 2014 に参加してきました。【SESSION1 WordPressの最新動向編】

WordFes Nagoya 2014

愛がある!冒険がある!WordPressがある!

WordPress の地域コミュニティである WordBench Nagoyaのメンバーが中心となって開催する東海地区最大規模の WordPressカンファレンス、WordFes。

2014年は8月30日(土)に名古屋工業大学にて開催されました。

今日からしばらくの間、WordFes Nagoya 2014 の参加レポートを書きたいと思います。

今回は第1回、SESSION1 WordPressの最新動向です。

WordPressの最新動向

このセッションは

  • WordPress を使った制作業務を行っている方
  • WordPress の動向は気になっているが時間をとれていない方

とIT・Web業界に身を置いていないボクには内容が理解できるか不安でしたが、自分が使っているWordPressがこれからどうなっていくのか単純に知りたくて参加しました。

スピーカーは石原 隆志さん(@1shiharaT)さんです。

これまでとこれから。

WordPressの最新動向がテーマになっているだけに、

  1. どうやって開発されているの?
  2. 今までの変更内容
  3. 今後のアップデート

のお話しをしてくださいました。ここからは各セクションでメモできたことを書いていきます。(単語しか追えなかった部分も多いのでご了承ください。)

どうやって開発されているの?

  • WordPressの開発情報はMakeWordPressで確認することができる。
    • コア。UI、アプリ等
  • 開発計画
    • 機能提案
    • ディスカッション
    • Trac
    • バッチ送信
  • アイデアフォーラム
  • WP-Hackers ML
  • Varying Vagrant Vagrants(開発環境)

と今まで聞いたことがない言葉がズラリ…。まずはググれってことですね。

今までの変更内容

バージョン3.9では

  • ビジュアルエディタの改善
  • TinyMCE
  • oEmbed(のなんだっけ?)
  • ウィジェット・ヘッダーのライブプレビュー(の追加?)
  • EditorConfig
  • プラグインディレクトリシンボリックリンクへの対応
  • 関数・アクションフックの追加

バージョン4.0はWordFes当日はまだRC段階でしたが、

  • LanguagePacks選択
  • MediaGrid
  • テーマカスタマイザーパネル
  • インストール画面変更

などなどの変更が加えられるそうです。

今後のアップデート

今後のアップデートでは、モバイル最適化に開発体制を集中するそうです。

バージョン4.1は2014年12月にリリース予定。ここでは、

  • WP APIの実装
  • フロントエンドエディタ(の改善?)

が行われるそうです。

更にその先のお話しとして、

  • メタデータUI API
  • エディタエクスペリエンス

などのお話しもありましたが、既にボクの頭はオーバーヒート気味でした(^_^;)

ハードル高かったか?

フォルテ

業務でWordPressを使っている人向けのセッションだったので、それなりの予備知識がないとやはり厳しいですね。

WordPressの開発にしても、WordPress/WordPress · GitHubに最新版のファイルが置かれていることは知っていましたが、実際の開発はWordPress Tracでやっているのは知りませんでした。

内容の濃さについていけない部分がありましたが、このセッションのスピーカーである石原 隆志さんが、

こんな記事を書いてくださっています。スライド内の参考URLも書き出してくださっているので、読んでみてください。

個人的に気になったのはバージョン4.1で予定されているWP APIの実装

これは別のセッションで話が聴けたのでまた改めて書きますね(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] が公開されていましたよ!! #朝1フォルテ 【67】外では雷がゴロゴロ鳴っていますが、ここでフォルテの様子をご覧ください。 フォルテの気ままな日常[162]モップで掃除…[続きを読む] […]

トラックバック URL