Twitterアカウントリンクを作るMyScriptsスクリプト。

TwitterAccountLink_ダイアログ

iOSがアップデートするとよくあるのが、今まで何の問題もなく動いていたアプリが動かなくなること。

今回のiOS 8でも同じようなことが起こっているようです。

そんな時にTwitterのアカウントリンクをモブログでどう作ろうかというやり取りを見かけたので、ボクが今使っているMyScriptsスクリプトをご紹介したいと思います。

MyScripts – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


ベースは別のスクリプト。

このスクリプトのベースは別のスクリプトなんです。

この時には既に今日ご紹介するスクリプトもできていたんですけど、ブログに書くのをすっかり忘れていました(^_^;)

使い方

使い方は2通りあります。

スクリプト単体の場合

スクリプト単体の場合ですが、MyScriptsに保存したこのスクリプトを起動すると、

TwitterAccountLink_アプリ選択

このように連携先のアプリを番号で指定するようになっています。

番号を指定(ここでは"2"を指定)して"OK"をタップすると、

TwitterAccountLink_アカウント入力

Twitterのアカウント名を入れるよう促されます。(ここではguutarayossiyと入力。)"OK"をタップすると、

TwitterAccountLink_確認

確認画面が表示されます。ここで"OK"すれば、

TwitterAccountLink_貼りつけ

このように貼りつけられます。

アプリ連携の場合

このスクリプトは起動用パラメータをつけることで特定のエディタとの連携ができるようにしてあります。

myscripts://run?title=TwitterAccountLink&text=appNumber

対応表は以下の通りです。

アプリ番号 アプリ名
0 選択メニュー
1 Textforce
2 するぷろ for iOS
3 DraftPad
4 Moblogger
5 MyEditor
6 ThumbEdit
7 PressSync Pro
8 Textwell
9 はてなブログ
10 Drafts

並び順はAppHtmlに準じています。

URLスキームでこのスクリプトを呼び出した場合はアカウント入力からスタートします。また、キャンセルすると呼び出し元のアプリに戻るようにしてあります。

スクリプトはこちら。

肝心のスクリプトはこちら。

TwitterAccountLink

MyScriptsがインストールされたiOSデバイスでリンクをタップして、MyScriptsに保存してください。

1つに依存しない環境作り

フォルテ

あえてこんなカタチでスクリプトをつくってあるのは、特定の環境に依存しないためです。

何か1つのアプリでモブログの全てをこなすことができれば非常に便利だとは思いますが、そのアプリがiOSのアップデートのタイミングでうまく動かなくなることだって十分考えられることです。

確かにこのやり方もMyScriptsに依存はしていますが、エディタは好きなものを選ぶことができます。

もともとはTextExpander依存対策で作ったスクリプトなので、TextExpanderがちゃんと動くようになれば用済みなんですが、またいつ同じことが起こるかわからないですから準備だけはしておきたいものです。

MyScripts – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] 1冊、『モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術』 #朝1フォルテ 【73】洗濯してもらったよ(ノ∀≦。)ノ フォルテの気ままな日常[168]朝1パトロールするフォルテ。’; …[続きを読む] […]

  2. […] 1冊、『モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術』 #朝1フォルテ 【73】洗濯してもらったよ(ノ∀≦。)ノ フォルテの気ままな日常[168]朝1パトロールするフォルテ。’; …[続きを読む] […]

  3. […] Twitterアカウントリンクを作るMyScriptsスクリプト。 | Feelingplace […]

トラックバック URL