アメブロガー必携!アメーバブログ専用モブログアプリ AmeEditor。

AmeEditor_アイコン

アメーバブログ(アメブロ)って正直これまで全く縁がありませんでした。

モブログをやろうにもなかなかいい環境が揃っていなかったのも1つの原因です。

しかし、この AmeEditor があればそんな悩みとはもうおさらば!

今日は AmeEditor の基本的な機能をご紹介したいと思います。

アメエディタ(AmeEditor) – HIROYUKI MAKITA
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


押さえておきたい機能

AmeEditor を使う上で最低限押さえておきたい機能はこんな感じ。

  • アカウント登録
  • テンプレート
  • カスタムタグ
  • リンク作成
  • 画像貼り付け
  • ブックマークレット

これから1つずつ確認していきますが、ボク自身がこれまでアメブロを使っていなかったので、アメブロ独特の作法があればそちらに従ってくださいね。

アカウント登録

まずはアカウント登録。これをしなければ何も始まりません。

やることはいたって簡単で、AmebaID とパスワードを入力・保存するだけ。

AmeEditor_アカウント登録

アカウント登録ができれば一覧に表示されます。見ていただくとわかるように、複数のアカウント登録にも対応しています。

テンプレート

AmeEditor には便利な機能がいくつか搭載されています。その1つがこのテンプレートです。

ブログ本文をテンプレートとして登録しておくことで、毎回同じ書き出しや締めの文章を書かずに済むようになります。

AmeEditor_テンプレート

このテンプレートで活用してもらいたいのが、『###』ボタン。開発者のあめつくさん(@ametuku)さんいわく、『目印』機能です。

これはテンプレートの中に ### ### を埋め込んでおくことで、後から『###』ボタンでそこにジャンプできる機能なんです。

AmeEditor_fillin

モブログになじみがある方であれば、TextExpander の fill-in をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

カスタムタグ

AmeEditor では太字や斜体・アンダーラインにしたり、フォントサイズの変更はボタン1つでできるように設計されています。

しかし h2smalldel といったHTMLタグはボタン1つで入力できません。

それを補うのがこのカスタムタグです。

AmeEditor_カスタムタグ

このように登録しておけば簡単にHTMLタグの入力ができます。

カスタムタグからHTMLタグを入力した時には、開始タグと終了タグの間にカーソルが行くのも手間が省けていいですね!

リンク作成

テキストだけのリンク作成であれば、AmeEditor で簡単に作れます。

AmeEditor_リンク

このように表示したい文字と URL を入力するだけでできちゃいます。

ShareHtml形式のような複雑なものは AmeEditor で直接作ることはできないので、他のツールを使いましょう。

画像貼り付け

AmeEditor ではアメブロに画像をアップロードして、その画像を貼り付ける機能もついています。

アップロード

アップロードは『↑』ボタンから。

まずはカメラロールから画像を選びます。

AmeEditor

アップロードするサイズを決めて『アップロード』ボタンを押せば完了です。

貼り付け

貼り付けは『↓』ボタンから。

まずはアップロード済の画像を選択します。

AmeEditor_画像貼り付け

画像のサイズを決めて『挿入』ボタンを押せば、エディタにコードが挿入されます。

アメブロには無尽蔵に画像が置けないので、画像をよく使う人は要注意ですね。

ブックマークレット・カスタムURLスキーム

ありがたいことに AmeEditor にはブックマークレットとカスタムURLスキーム準備されています。

ブックマークレット

開発者のあめつくさんのブログでは、

の2つが紹介されています。この2つは AmeEditor にリンクを流し込むためのものです。

カスタムURLスキーム

カスタムURLスキームマニアのみなさま、お待たせしました!AmeEditor はしっかりカスタムURLスキームに対応してくれていますよ!!

カスタムURLスキームはこちら!

ameeditor://insert?text=[カーソル位置に挿入するテキスト]&x-success=[テキスト挿入後に実行するURLスキーム]

例えば Textwell から AmeEditor に送るアクションなら


T( 'urlScheme', {
url: 'ameeditor://insert?text='+ encodeURIComponent( T.whole ),
option: 'none'
} );

こんな感じで挿入するテキストをエンコードすればOKです。

Drafts 4 であれば Action → STEP → URLで URL encode tag output をオンにして

ameeditor://insert?text=[[draft]]

とすればOKです。

これさえあればアメブロが書ける!!

フォルテ

WordPress でのブログ運営に慣れていて、なおかつモブログに慣れていると、アメブロに置いた画像が増えた時の保存場所をどうしようとか、かっこいいリンクを作りたいとか、アプリのアフィリエイトリンクを貼るのが面倒とか色々あるかもしれません。

しかしっ!!そんなことはちょっと工夫すれば解決できる問題です。

大げさかもしれませんが、この AmeEditor さえあればアメブロが書ける!と言っていいんじゃないかとボクは思います。

これまでアメブロでのモブログは難しいかなぁと思っていた人にとっては待望のアプリだと思いますよ!ぜひ試してみてくださいね!!

アメエディタ(AmeEditor) – HIROYUKI MAKITA
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


追伸

フォルテが AmeEditor の使い方を通してモブログを覚えていくブログをアメブロで始めました。

AmeEditor の使い方に関してはこちらをみてくださいね!!

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

  1. あめつく said on 2015年4月8日 at 10:57 PM

    こんばんは。あめつくです。
    ご紹介ありがとうございます^^

    ふぃーぷれさんに紹介していただけるなんて夢のようです!!
    ブログを続けてよかった!!本当そう思います!

    モブログの知識はまだまだ足りないので、今後も色々と勉強させてください。
    よろしくお願いします^^

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL