もあはーと分科会[003]【 介護・福祉 × ITアイディアソン 】に参加してきました。

もあはーと分科会アイディアソン_ヘッダー

介護・福祉とITを組み合わせたイベントって、ボクのリサーチ不足かもしれませんけど、あるようで意外とないんですよ。

そんなところでお誘いいただいたのが2015年4月25日(土)に開催されたこのもあはーと分科会[003]【 介護・福祉 × ITアイディアソン 】というイベント。

サブタイトルに~課題を知る現場とIT専門家達で共に創る~とあるので、介護・福祉の人だけでなくITに詳しい方も参加するアイディアソンです。

せっかくなのでどんなことをしたのかご紹介したいと思います。

アイディアソンとは?

そもそもアイディアソンってなに?から始めるんですが、アイデアソン(あいであそん)とは – コトバンクによると、

特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合い、それをまとめていく形式のイベント。
アイデア(Idea)とマラソン(Marathon) を合わせた造語で、2000年代に米国で使われ始めたと言われている。
特定のテーマに興味と知識を持ったITエンジニアやデザイナーらが集まってグループごとにソフトウェアを開発・改良し、その完成度を競うイベント「ハッカソン」(Hackathon:ハッキングの Hackと Marathon を合わせた造語)の事前ミーティングとして開催される場合が多い。

というもの。

今回は福祉・介護の現場で問題となっている地域課題・生活課題を出し合い、ITの専門家と一緒に考えることで、課題解決のアイディアを創造していくのが狙いです。

参加者は総勢40名という大きなイベントでした。

ITの専門家

一緒に参加していただいたITの専門家はCode for Nagoyaのみなさん。

Code for Nagoya

市民の皆さんと「ともに考え、ともにつくる」ことで、IT(情報技術)を活用した地域課題解決を目指す集まり

だそうで、こういう団体があるのもボクは知らなかったので、ちょっと恥ずかしいです…。

スケジュール

もあはーと分科会[003]【 介護・福祉 × ITアイディアソン 】の当日のスケジュールはこんな感じ。

もあはーと分科会アイディアソン_スケジュール
  • 13:00-13:10 開会あいさつ・プログラム説明 / ソーシャルワークオフィス夢守代表 木全 伸夫さん
  • 13:10-13:25 「介護業界を取り巻く状況と課題」 / 株式会社福祉情報事業団 代表取締役 熊田 光臣
  • 13:25-13:40 「IT最新活用事例紹介」 / Code for Nagoya 名誉代表 瀬川 貴之
  • 13:40-16:40 アイディアソン・成果発表・投票
  • 16:40-16:50 閉会あいさつ

今回は福祉・介護の人とIT関係者が参加しているので、まずはそれぞれの状況を熊田さん・瀬川さんから問題提起・紹介。

熊田さんのお話はザクッとまとめると「近い将来、圧倒的な介護従事者不足が発生して地域で課題を解決しないといけない時代がもう目の前に来ている。だからその課題を解決する方法を考えていきましょう。」といった内容。

瀬川さんからは Code for Nagoya の活動紹介やオープンデータとビッグデータ、IoT(Internet of Things)の説明と事例紹介がありました。

アイディアソン開始!

これを受けてさっそくアイディアソン開始です。といってもテーマがないとやりづらいだろうということで、

もあはーと分科会アイディアソン_テーマ
  • 見守り
  • 買い物難民
  • 犯罪予防
  • 防災
  • 生きがいづくり
  • 寂しさ予防
  • 婚活

の中から各テーブル1つ選んで進めることに。ボクが入ったテーブルは『婚活』がテーマになりました。

この日のゴールは『選択テーマに関係した課題を解決する企画作成』。

まずはマンダラートで選択テーマから発想を広げていき、そこから企画案を作成。

ペアブレストで案を深めてテーブルとしての企画案を選定します。選定はドット投票で行いました。

選定したテーマをさらにブラッシュアップしていき、あっという間に時間切れ!テーブル毎に発表です。

発表!!

発表は各テーブル3分ずつ。ライトニングトークで一般的な5分よりも短い…。

模造紙に企画案を書いて発表!!

もあはーと分科会アイディアソン_LT

ドット投票での結果、ボクのテーブルは上位には入りませんでしたが、それぞれのテーマで多彩な企画案が出てきました。(プレゼンの勢いで持っていかれたような感もありましたね…。)

既存の枠にとらわれない発想

フォルテ

福祉・介護業界だとどうしてもボクを含めてこういうのに慣れていないことが多いです。(ボク自身もアイディアソンには初参加。)

さらに大きな問題としては 既存の価値観を壊す = 新しい価値の創造 に慣れていません。

地域課題・生活課題を把握するところまではスムーズですが、そこから先どう解決させていくかを企画する力が自分にもまだまだ足りないと感じました。

今回のアイディアソンで出てきた案は、Code for Nagoya 介護ハッカソン in OSC2015 Nagoya | Peatixで活用されるようなので、(ボクは参加できませんが)何が出てくるのか楽しみです!

楽しいイベントにお誘いいただいたソーシャルワークオフィス夢守代表の木全さん、他の参加者のみなさん、ありがとうございました(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL