ヘルスケアのデータをわかりやすく表示するアプリ、FitPort。

FitPort_アイコン

Apple Watch が手元に届いて2ヶ月近く経ちました。フォルテの散歩をしたり、バドミントンをする時にも Apple Watch をつけて歩行距離や時間、心拍数などのデータをとるようにしています。

しかし標準のヘルスケアアプリだと日ごとや時間ごとのデータや過去のデータなど、自分が見たいデータがパッとわからないのが難点。

そこで探したのがこの FitPort。パッと見てわかりやすいのが特徴です。今日はこの FitPort をご紹介したいと思います。

FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード – Flask LLP
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル


パッと見てわかる

FitPort を起動して最初に表示されるのがダッシュボード。

FitPort_レイアウト

表示方法はグリッドとリストの2種類から選べます。

表示できる項目は現時点では

  • 歩数(iPhone 5s/6/6 Plus のみ自動表示)
  • ウォーキングとランニングの距離(iPhone5s/6/6 Plus のみ自動表示)
  • 上った階段数(iPhone 6/6 Plus のみ自動表示)
  • 自転車の走行距離
  • NikeFuel(表示のみ)
  • アクティブカロリー
  • 基礎代謝量
  • 摂取カロリー
  • 体重
  • BMI(ボディマス指数)
  • 体脂肪率
  • LBM(除脂肪体重)
  • 心拍数

の13項目。ボクはこのうち自分がよく見たい、歩数・距離・心拍数・アクティブカロリー・体重・BMI・体脂肪率の7つを表示させています。

日ごと・時間ごとがわかる

ここからが FitPort のすごいところ。ヘルスケアアプリでは年月週日のデータをグラフで確認できますが、FitPort ではその日の時間ごとのデータも表示できます。

FitPort_日ごと時間ごと

ヘルスケアアプリでは時間ごとのデータではなく すべてのデータを表示 になってしまい、そのデータの表示にも(ボクだけかもしれませんが)かなり時間がかかります。

FitPort だと時間ごとのデータはすぐに表示されますし、このデータを見れば、どの時間にたくさん歩いたとかもわかりやすいですよね。

過去データがわかる

先程も書いたようにヘルスケアアプリでは過去のデータは すべてのデータを表示 にしないと確認できません。

しかし FitPort では過去データも簡単に確認ができます。下に表示されるグラフを長押しすると

FitPort_過去データ

このように長押ししている部分のデータが表示されます。

ちなみに左はフォルテの朝の散歩での歩数。右はバドミントンをやっている時の心拍数。アクティブカロリーも確認していくとなかなかおもしろいデータになりそうですね。

とにかくわかりやすい!

フォルテ

Apple Watch を着けているだけで取れるデータがあるなら見てみたいと思いますよね。

ヘルスケアアプリはありましたが全く気にしていませんでしたし、ここまで使いにくいとは思っていませんでした。

FitPort はヘルスケアアプリに比べると表示できる項目は限られるものの、見やすさ・わかりやすさに優れていますし、何より過去データが簡単に見られます。

せっかく取っているデータなら気持ちよく確認したい。FitPort ならそれができると思いますよ(^-^)

FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード – Flask LLP
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL