初めまして、わたしピアノです!

ピアノ

先日、ボク達夫婦は新たな家族を迎えました。名前はピアノ。カニンヘンダックスフンドのメスです。

すでに Instagram にアップしたり、フォルテの Facebookページ の名称を変更したのでお気づきの方もいるかもしれませんね。

まだみなさんにちゃんとご紹介していなかったので、今日は改めてピアノをご紹介します(^-^)

迎えるきっかけ

ボク達夫婦がフォルテを迎えた時から考えていたのは、いつかはフォルテも歳をとり亡くなるということ。

そしてしばらくすると、フォルテが元気なうちにフォルテが一緒に過ごせる仔を迎え入れたいと思うようになっていたこと。(これが人のエゴだとはわかっていますが。)

そう思っているうちに何年も過ぎて、フォルテも6歳になりました。

そんなボク達がピアノを迎えることになったきっかけは本当にささいなこと。フォルテが生まれたブリーダーさんの Web サイトを久しぶりに見てみると、かわいらしい仔がいるじゃないですか!

まだその時は当然名前はついていないその仔は女の子。大事なのはフォルテとの相性。里帰りもかねてお邪魔することにしました。

生まれはフォルテと同じ

フォルテが生まれたのは、エンゼルウッド。愛知県岩倉市にあるブリーダーさん。

飼い主宅からは車で30分程度。もちろんフォルテも連れてお邪魔しました。

さっそく目的の仔と対面。誕生日は2015年4月15日(水)。フォルテと5日違いです。人にはとても興味がある様子で、妻はさっそく顔をぺろぺろ舐められていました。

問題はフォルテ。と思っていたんですが、意外なことに興味があるようで、顔を近づけてにおいを確認したり、舐めようとしていました。(まだワクチン接種が終わってないので、触れさせないように確保していましたけどね。)

フォルテのこの様子を見て、ボク達夫婦はこの仔を迎え入れようという気持ちに固まりました。

名前はピアノ。お気づきの通りフォルテと同じく音楽記号から名前をつけました。

かなりのおてんば娘

そのピアノ、実はかなりのおてんば娘。まだブリーダーさんのところにいた時の動画をご覧ください。

まぁ見事な大脱走!ピアノ(弱く 小さく)なのは身体の大きさだけになるかもしれない…。

反対にフォルテ(強く 大きく)は身体は大きくなり過ぎて、性格は…。

すでに一部の人からは、『名前ひっくり返したほうがいいんじゃないの!?』と言われています(^_^;

よろしくお願いしまぁぁぁす!

そんなこんなで、2015年6月27日(土)に家に来たピアノ。

あっという間にわが家のようにくつろぐようになって、おてんばぶりも発揮するようになってきました。

フォルテはまだピアノの扱いにとまどっているようなんですが、最初の強い緊張も少しずつほぐれてきているようです。

まだまだ一緒に遊んだりはできませんけど、お互いにどんな関わり方をしたらいいのかを模索しているような感じがします。

それを象徴するのがこの1枚。

ピアノが家に来てこれで10日。これからのフォルテとピアノの成長がとても楽しみです。このブログでも定期的に書いていくので、楽しみにしていてくださいね〜(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL