iPhone だけでカメラロールを空っぽにする方法。

iPhone って写真や動画がすぐに撮れるから、あっという間に増えていきませんか?

ボクも時々 Mac にバックアップを取るんですが、その時にカメラロールを空にするのを忘れることもあるんですよね。

iPhone の写真アプリからまとめて消すのは、1つずつ写真や動画を選ばないといけないからやりたくない…。

そこで思いついたのがこの方法。あるアプリを使えば簡単にカメラロールを空っぽにすることができますよ!

カメラロールでの消し方

一般的には iPhone で写真や動画を消すのはカメラロールから。

カメラロール空っぽ_選択削除

消したい写真や動画を選択して、ゴミ箱ボタンをポチッとすれば消えます。

写真や動画が数十枚単位であればまだ仕方なくコツコツ選択するんですけど、数百枚またはそれ以上ため込んだ写真や動画を1つずつタップして選択していくのは、考えただけでも気が遠くなります。

そこで思いついたのが Picport を利用することです。

Picport とは?

Picport は様々なサービスに写真や動画のアップローダー。

Picport – itok
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ


このブログでも Picport 公開時に、写真・動画投稿アプリPictShareが生まれ変わった!その名はPicport。という記事を書いていて、今でも愛用しています。

また、OneCam で写真をバシバシ撮った後に Picport で確認するなど、写真や動画のビューワーとしても活用しています。

今回はこの Picport のビューワーとしての機能を利用します。

まとめて消す!

Picport は初期設定で読み込める件数を選択できます。たとえ何千と写真や動画がカメラロールにあったとしても、Picport で読み込んでしまえば、まとめて消せるんです!

具体的なやり方は、

  1. 画像や動画を全件読み込む。
  2. 左から2番目のチェックボタンをタップして全件選択。
    カメラロール空っぽ_Picport全選択
  3. 1番右のシェアボタンをタップ。
    カメラロール空っぽ_Picport_シェアシート
  4. シェアシート下段にある削除ボタンをタップ。
    カメラロール空っぽ_Picport_削除

削除確認が出るので削除すると、

カメラロール空っぽ_Picport_空っぽ

このようにあっという間にカメラロールが空っぽになります。

最近削除した項目を忘れずに。

忘れちゃいけないのがこの後の処理。iOS 8からは最近削除した項目という間違って削除してしまった画像や動画を復元できる機能がついています。

完全に画像や動画を消し去りたい時は、最近削除した項目に残っている画像や動画も消す必要があります。

こちらもやり方は簡単。

  1. 選択をタップして
    カメラロール空っぽ_最近削除した項目
  2. すべて削除をタップするだけ。
    カメラロール空っぽ_最近削除した項目_項目を選択

これで iPhone から完全に画像と動画を消すことができます。

もちろん選択して消せる。

Picport には下記のフィルタがついています。

  • ファイル種別
    • すべて
    • 写真
    • 動画
  • 画像種別
    • すべて
    • JPEG
    • PNG
    • スクリーンショット
  • 履歴
    • すべて
    • 送信済
    • 未送信

これらを組み合わせることで例えば送信済のスクリーンショットだけを抽出して削除することももちろんできます。

それ以外にも日付をタップすると、その日のすべての画像と動画が選択されるなどの細かい気配りもされています。

こんな必要もなくなる?

iCloudドライブ が月130円で50GB使えるようになるのでこの先はこんなことはしないと思いますが、急いで iCloudバックアップ をしたいんだけど、バックアップの容量を減らしたい時には、この方法で画像や動画をサクッと消し去ってしまいましょう。

Picport – itok
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ


実際、こうせねばいけないことが起こってしまったんですよ…。それはまた別の機会に。

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL