iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム 対象の iPhone を本体交換してきました。

iPhone 6 Plus iSight カメラ

カメラにはそんなに不便には感じていなかったんですが、使っていると iOS がいきなり再起動したりといろいろと不調だったんです。

そこに来てこの iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム なるものが発表されました。

不調の原因も調べてもらえればいいなと思って Apple Store に出向いたらあっという間に本体交換になってしまいました!

今回はその経緯をご紹介したいと思います。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラムとは?

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラムとは、

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。
お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。

対象のシリアル番号はこちらから調べることができます。

ボクの iPhone 6 Plus もこの対象になっていたため、その他の不調も含めて相談がしたいと思って
Genius Bar を予約しました。

その他の不調

その他の不調というのは、使っていると突然 iPhone が再起動するというもの。

『モブログでハードに使ってるからじゃないの?』と多くの方から突っ込まれそうですが、実際にはモブログをしている間に再起動することはなく、Facebook アプリを使っていたり、ゲームをしている時に再起動することが多い。

しかも特定のアプリで再起動するのではなく、不特定多数のアプリで再起動してしまいます。

この時点でおそらくメモリの問題かなとも思いましたが、一応相談することにしました。

Genius Bar で説明。

Apple Store – 名古屋栄の Genius Bar に出向いたのは2015年9月9日(水)。

事前に Apple Store アプリで予約した時に、

  1. iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム対象であること。
  2. おそらくメモリの問題で頻繁に再起動すること。
  3. SIMフリー端末であること。

の3点を伝えておいたので、担当者と軽く確認。

すると、ためらいもなく『本体交換しちゃいましょう!』と提案されました。

あれ?ホントにいいの!?

換えてもらえるならそりゃ1番いいですけど、あまりにもあっさり言われると反対にとまどってしまうのが人というもの。

でもせっかく交換しようと言っていただいているんで、交換することになりました。

気になるメモリの問題ですが、iOS 診断をしてもらったところ、アプリの不正終了の数が他のお客さんの倍以上あったようです。

『本体交換することでこの問題も解消すればいいですしね!』と担当者に言っていただいたので、それに期待したいと思います(^-^)

Apple Store – Apple
カテゴリ: ライフスタイル


この時ボクは、この本体交換が次なる不具合を抱える原因になることをまだ知らなかったのです…。

続きは ディスプレイの不具合で、新品交換した iPhone 6 Plus をもう1回交換してきました。 をお読みください。

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL