術後の傷口を守る!普段通りの生活ができる犬の術後服、エリザベスウエア。

おすましピアノ

先日、避妊手術を受けてきたピアノ。以前、フォルテが手術をしたあと、傷口を守るためににエリザベスカラーをつけて、とてもイライラしていたのを思い出しました。

そこで今回ピアノには別のものを準備することにしました。それが今回紹介する エリザベスウエア。

普段通りの生活をしながら術後の傷口を守ることができる犬用の術後服なんです!

ピアノが着ている様子を見ていただきながらご紹介したいと思います。

苦い思い出

フォルテも過去に飼い主の不注意で 入院 したことがあります。

その時に術後の傷口をなめないようにつけたのがエリザベスカラーでした。

R0010828

その時の手術はかなり腹部を開いたので傷口も広かったんです。当然フォルテも気になります。

気になるけど、エリザベスカラーをつけているからなめられない。その結果、フォルテからすると邪魔なエリザベスカラーをガジガジかむようになりました。

IMG_0231

最終的には部分的にですけどエリザベスカラーを噛み切ってしまいました。

この時のフォルテと同じにはしたくないと飼い主としては考えますよね。

そこで動物病院で紹介されたのがエリザベスウエアでした。

エリザベスウエアとは?

エリザベスウエアとは、犬・猫の服の通販 フルオブビガー が開発した、ドッグウエア、マナーパンツの技術を応用して「服」で傷口を保護する術後服。

エリザベスカラー の語源をたどっていくと、このネーミングはどうなのかなとも思ったりもしますが、ストレスなく普段通りの生活ができる術後服であれば試してみたいと思うのが飼い主の心情というもの。

避妊手術を受けてきたピアノ にはこのエリザベスウエアを着てもらうことにしました。

エリザベスウエアを着たピアノ

冒頭でも見ていただいたように、何の違和感もなくすました顔でエリザベスウエアを着こなすピアノ。

おすましピアノ

とても術後2日目の様子とは思えません。

背中は大きめのマジックテープで止めます。

背中

止めてある場所が下肢に近いので、歯が届いたとしても噛んではがすことまではできません。

太ももまわりは調節可能なゴム式。

脚

サイズ調整ができるので、ズレないですし脱げません。

首まわりは首囲、胸囲、背丈の融通がきき、動きを妨げにくいクロスデザイン。

首

ズレ防止用に可動式のルーパーがついているので、脱げることはありません。

エリザベスウエアは着たまま排泄ができる作りになってます。

陰部

もちろんこれは女の子用なので、男の子用のパターンもありますよ!

普段通りの生活ができるのがいい!

そうは言ってもバタバタ暴れたらいくらなんでも脱げることもあるんじゃないの?と思われる人もいるかもしれません。

そんな人はこの動画をご覧ください。

ほら、これだけ動いているのに全然ズレないし脱げない(笑)

手術をしなくて済むなら1番いいです。でも手術をしないといけないなら、その後の生活もしっかり考えてあげたい。

エリザベスウエアは見ていただいた通り、普段通りの生活をしながら術後の傷口を守ることができる犬用の術後服。

今後、もしも手術をしないといけない時には、この時の服で少しでもストレスを軽減させてあげられるといいなと飼い主としては思います。

フルオブビガー さんは普通のこんな服も売ってますよ(笑)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL