はじめてのデジイチ! Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 を買いました。

D5500

とうとう買ってしまいました、デジタル一眼レフカメラ!飼い主(正確には飼い主の飼い主)がはじめてのデジイチに選んだのは、Nikon D5500 です。

このタイミングでなぜ買ったのか。なぜ D5500 を選んだのか。そしてどんな写真が撮れるのかを見ていただきたいと思います。

買った理由

以前から、それこそフォルテが家に来てから何度も『デジタルカメラが欲しい!』と言っていた飼い主の飼い主。

今まで購入に踏み切れなかったのは、

  1. 重くて持ち歩かないんじゃないか
  2. そんなに撮るのか

という 2つの不安でした。実際、飼い主は iPhone で撮ったものを毎日 Instagram にアップしてますけど、飼い主の飼い主はそこまでではないですからね。

それでも今回買うことにしたのはやはりピアノを迎えたことが大きいかなと飼い主は思っています。

D5500 を選んだ理由

買うからには自分が気に入って撮れるものを選びたいですよね。

飼い主の飼い主はのこだわりは

  • とにかく軽いのがいい。
  • レンズは交換できるものがいい。
  • 予算は 10万円前後。

の 3点。選択肢として挙がったのは、

の 3つ。この中から飼い主の飼い主が選びます。

まずは OM-D がミラーレス機だったことと、おもちゃっぽく感じたので脱落。残るは EOS 8000D と Nikon D5500。

シャッター音がカメラっぽいことと重さを感じさせない持ちやすさというスペックにこだわらない超主観で使いやすさ重視の理由で Nikon D5500 を選びました。

購入は昨年 12月半ば。ズームレンズは後から別のものを買おうということになり、18-55 VRII レンズキットを買いました。

最大 10,000 円がキャッシュバックされる Winter Chance キャッシュバックキャンペーン の対象だったことも決め手ですね。

D5 とか D500 とか発表されましたけど、どうせ予算的に買えないからくやしくないです…。くやしくないです…。

撮影サンプル

それではいくつか撮影したものを見ていただきましょう。

forte

自然な表情のフォルテ。iPhone だといつも撮られるのがわかっていたからフォルテも構えてしまうんですよね。

piano

続いてはピアノ。少しずつ大人びてきた感じが出てます。

forte_piano

そして最後は年始に行ったドッグランでの写真。元気に走り回ってる写真はやっぱり iPhone だとなかなか撮れないですからね。

フォルテとピアノを撮りまくるぞ!

位置づけとしては初心者向けの D5500 ですが、はじめてデジタル一眼レフカメラを触る飼い主にはまだ扱いが難しく感じることもあります。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、#朝1フォルテ #朝1ピアノ の写真も D5500 で撮るようにしました。

今はとにかくたくさんシャッターを押して、フォルテとピアノを撮りまくって自分がイメージした通りに撮れるようになりたいと思っています。

これからのフォルテとピアノの写真を楽しみにしていてくださいね!

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL