Textwell をモブログ用エディタにするための準備

Textwell_icon

モブログのメインエディタを Textwell に変更したことはお伝えしましたが、実際 Textwell でモブログをするための環境については何1つ書きませんでした。

それを受けて今回は Textwell でどのようなアクションを使っているのか。また連携させているアプリはどんなものがあるのか、どう使っているのかをまとめてご紹介したいと思います。

Textwell – Sociomedia
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


公式アクション

今回 Textwell でのモブログ環境を作るにあたり、できる限り公式のアクションを活用したいと考えました。

理由はただ1つ。どんな便利なアクションがあったとしても、作っている人がメンテナンスしなくなればおしまいだから。

ユーザー自身がアクションを作り、公開し、共有できるのが Textwell の大きな強みだということはもちろん理解していますが、自分がアクションのソースを理解できていないものはできるだけ使わないようにしました。

前置きはこれくらいにして…実際使っている公式アクションは以下の通り。

  • Snap
  • Reorder Paragraphs
  • Search and Replace
  • Copy Current
  • Cut Current
  • Bullets (*)
  • Bullets (1.)

これだけだと少し足らないので、ユーザー作成アクションと自作のアクション、連携アプリで補っています。

ユーザー作成アクション

かと言って他のユーザーが作った便利なアクションを利用しない手はありません。

使っているのは @dqfu さんの Markdown Utils 。

これをベースにして HTML の取得に絞って、1行目には h1 タグがつかないようにしました。

もう1つは AppHtmlWeb

今さら説明する必要もないと思いますが、AppHtmlWeb は iTunes Store のアフィリエイトリンクを作成するためのツール。

飼い主もこの AppHtmlWeb のメンテナンスに加わらせていただいています。

自作アクション

自作アクションはいくつかあります。機能だけ簡単に紹介すると、

  • 空改行を削除
  • Twitter アカウントリンクの作成
  • 年月日の計算・出力
  • Markdown 関係
    • 先頭に # をつける
    • ` で囲む
    • ** で囲む
    • <small></small> で囲む

くらい。ほとんどのものは Drafts 4 から移植したもので移植の手間もあまりかかりませんでした。えっ? アクションを公開しないのかって!? ご要望があれば考えます…。

連携アプリ

連携アプリはいくつかあります。

  • PressSync Pro に送る
  • SLPRO X に送る
  • AmeEditor for Ameblo に送る
  • Textforce を開く
  • するぷろーら を開く

これらをアクション化して各アプリを開いています。

実際の運用はまた次回…

通勤途中に何気なく環境整備をしていたので、自分の中ではこんなにも自作アクションがあるとは思ってもいませんでした。

ではこれを実際にどう運用しているのか? についてはまた次回ご紹介できればと思います。

Textwell – Sociomedia
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL