09

【予告】モブログ支援アプリ CodeCapture 期間限定セールをします!

sale20170410-20170415

ピアノ『ねぇフォルテ。なんか飼い主はりきっているけど どうしたの?』

フォルテ『ん? あぁセールってのをやるらしいよ。』

ピアノ『なにそれ おいしいの?』

フォルテ『いや「セール」がなんかのか ボクもしらないんだ。』

こんなやりとりがあったかどうかは定かではありませんけど、セールは本当にやりますよ…。

16

モブログ支援アプリ CodeCapture 2.0.0 公開しました。

CodeCapture_アイコン

長らくお待たせしました! (待ってない!?) モブログ支援アプリ CodeCapture を本日バージョンアップしました。

今日はそのバージョンアップ内容をしっかりとお伝えしたいと思います。

15

CodeCapture アップデート予告と価格改定のお知らせ

CodeCapture_アイコン

CodeCapture をはじめてリリースしてからもう3ヶ月になりますが、この度、バージョンアップすることになりました。

今日はそのアップデート内容のチラ見せと価格改定のお知らせをさせていただきます。

08

モブログ支援アプリ、CodeCapture が Workflow との連携でもっと便利に!

CodeCapture_アイコン

動画や画像の埋め込みコードを一瞬で取得するモブログ支援アプリ、CodeCapture。

お使いいただいている方が増えていて、開発者としてはありがたい限り。ただ、まだまだ機能的に不十分なところがあるのも事実です。

その穴を埋めるために使うといいのが Workflow というアプリ。実際 Workflow を使うと CodeCapture がどれだけ便利になるのかをご紹介したいと思います。

03

CodeCapture1.0.1公開。埋め込みコードに余分な改行が含まれている問題を修正しました。

CodeCapture_アイコン

先日公開させていただいたモブログ支援アプリ、CodeCapture。初めて作ったアプリにも関わらず多くの方にお使いいただいているようで、ありがとうございます!

しかしその一方で1つ問題も抱えていました。それがタイトルに書いた『埋め込みコードに余分な改行が含まれている』問題。

その問題を修正したCodeCapture1.0.1が公開になっていますので、そのご報告をさせていただきます。

31

動画や画像の埋め込みコードを一瞬で取得するアプリ CodeCapture を公開しました!

CodeCapture_アイコン

作りたい作りたいと思っていた iPhone / iPad のアプリをようやく作ることができました。その名は CodeCapture

タイトルにも書いたように動画や画像の埋め込みコードを一瞬で取得するためのアプリです。

今日は自分で作った初めてのアプリ、CodeCapture の紹介をさせていただきます。

03

AmeEditor の使い勝手を WordPress でも!WordPress 用モブログエディタ、AmeEditor for WordPress。

AmeEditor for WordPress_アイコン

アメーバブログでモブログをするのに便利なアプリ、AmeEditor for Ameblo

以前は単に AmeEditor と名乗っていたのが、AmeEditor for Ameblo となった理由がここにあります。

WordPress でも使えるようになった AmeEditor、AmeEditor for WordPress です!

26

メディア共有サイトのコンテンツを簡単に埋め込むことができるブックマークレット。

embed

Video2HTML という動画をブログに簡単に埋め込めるブックマークレットを公開していましたが、どうも調子が悪くうまく動かないことが多々出てきました。

思い切って今回全面リニューアルに踏み切りましたので、今日はその新しいブックマークレットのご紹介をしたいと思います。

12

拙作ブックマークレットの出力先を追加しました。

お知らせ

本来は全面的な見直しをしたいんですがなかなか Mac と向き合う時間を作ることができません。(もう1年も経ってるのに…。)

ただそれでもやっておかないといけないなと思うのがメンテナンス。

今回新たに3つのアプリを拙作ブックマークレットの出力先として追加しました。

12

AppHtml リリース情報 – 出力先アプリを追加しました。

AppHtml20150412

入力したキーワードから iTunes ストアを検索し、コンテンツを指定フォーマットに整形して出力するブックマークレット、AppHtml。

そのAppHtmlの修正版をリリースしました。内部プログラムの見直しのため、既存のブックマークレットやテンプレートの再作成は必要ありませんが、追加された出力先のアプリに連携したい場合は、ブックマークレットの再作成が必要です。