思い出を残すカタチ。(写真データの残しかた。)

album 13, double page
album 13, double page Photo by docman

ウチの父親は写真に関わる仕事に就いていました。

カメラや三脚・写真雑誌がいくつも置いてある家でした。

RGBとCMYKの違いを教えられたのも、まだ中学生だったような気がします。

そんな環境ということもあって、ボクの小さい頃の写真はかなり豊富に残っています。

ボクが子どもの頃は今のようにデジカメなんてモノは存在しなかったので、フィルムのカメラで写真を取り、印画紙に焼きつけていました。

その頃、写真を保管しておくものとしてポピュラーだったのは、アルバム。

台紙の上に1枚1枚置いてみては、レイアウトを考えたり、言葉を添えたりしていたかと思います。

今ではそんな風にすることもなく、大量のデータをiPhotoなどのソフトで管理するだけ。

重いアルバムを開いて思い出を記憶から引き出すことはなくなってしまいました。

それなら、写真自体に言葉を添えてみてもいいのもしれません。

今日はフォルテの様子を写真に取って言葉を添えてみたいと思います。

撮影日は2010/11/14(日)。

朝の散歩はいつもの1.5倍くらい歩いて疲れもたまっている状態。

お昼少し前になり、ボクと奥さんにもあいさつを済ませ、ちょっと落ち着きだしたところです。

どうも、ボク達には気づかない何かを感じたようです。

フォルテ(2010/11/14)
フォルテ(2010/11/14) Photo by feelingplace

…。

誰も来ません。

どうやらフォルテの勘違いだったようです。

次第に動きも鈍くなり、部屋の中をウロウロし始めました。

どうやら、本格的に眠たいみたいですね。

最終的に見つけたのが、ここ。

フォルテ(2010/11/14)
フォルテ(2010/11/14) Photo by feelingplace

フォルテはボクのことが怖いみたいで、あまり近寄ってこないんですが、寝床には使いたかったようです。

こうして加工してみると、iPhotoへの保存でも、その時の思いもしっかり残しておくことができそうです。

2人で暮らし始めてから、一緒に写真を撮ることはあんまりなかったので写真用のアルバムを買うこともなかったんですが、その時の思いを残しておくためにも、これからは2人と1匹の写真も必要かなと感じたのでした。

ちなみに、画像の加工に使ったアプリはこの2つ。

TiltShift Generator – ミニチュア風写真
価格: ¥115 App

photoikku KINARI フォト一句
価格: ¥350 App

標準アプリのカメラでHDR撮影した後、TiltShift Generatorでボカして、photoikku KINARIで文字入れしています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] This post was mentioned on Twitter by TOMIKUN, feelingplace. feelingplace said: ブログ書いた。: 思い出を残すカタチ。(写真データの残しかた。) – http://tinyurl.com/2dkhttv […]

トラックバック URL