1カテゴリ1フォルダによるiPhoneアプリ管理方法。

Jailbreak
flickr.comJailbreak Photo by Vinicius | www.rebirthart.deviantart.com

iPhoneを長く使っているとアプリがどんどん増えていきますよね。他の方の例にもれずボクもiTunesを確認するとかなりの数のアプリがあります。

かと言ってそのアプリを全てiPhoneに入れておくにもいけないので、それぞれが工夫するのでホーム画面晒し企画は途絶えることがないんだと思います。

ボクの現状を確認しておくと、67のユニバーサルアプリ+378のiPhoneアプリで合計445コのアプリがiTunesにあります。

今iPhoneに入っているのは161コ。

ホーム画面は先日も書いた通りで、

この12コ+7コの19コのアプリがあります。

問題は161-19=142コのアプリをどう整理するかにかかってきます。

そこで考えたのが1カテゴリ1フォルダ管理法。

具体的な方法としては、

1.おもしろそうだなと思ったアプリは有料・無料に関わらず、ホーム画面最終ページに置く。

2.1週間程度テストしたあと、カテゴリのフォルダに入れるかiTunesに保管しておくかを判断する。

3.フォルダに置いたアプリはホーム画面1面にあるアプリより利用頻度が高くなった時点で置き換える。

ある程度想像はつくと思うんですが、主なフォルダのスクショをまずみてください。

ProductivityとLifestyle。

1000000067 1000000068

最近、Evernoteに目覚めつつあるので、Productivityは激戦区になりつつあります。

LifestyleにFasterousが入っているのに違和感を感じるかもしれませんが、カテゴリでわけるとそうなんです。

次にSocial NetworkingとPhotography。

1000000069 1000000070

この2つも激戦区。

特にSocial Networkingカテゴリは使用率も高いので、このフォルダに入ることすら難関です。

こうやっておくことである程度iPhoneの容量を節約するだけでなく、目的のアプリに辿り着くまでに何度もフリックしなくてよくなります。

またアプリのカテゴリを知っておくことで、作者様がアプリに込めた想いも少しは理解できるのではないでしょうか。

この投稿へのコメント

  1. oʇı ıʞnʎoɯoʇ (@feelingplace) (@feelingplace) said on 2011年6月18日 at 6:57 PM

    過去記事紹介: 1カテゴリ1フォルダによるiPhoneアプリ管理方法。 http://bit.ly/f787IS

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. D’s Focus 通常版【20110408版】〜2つのシューティングに注目。落とした! | 覚醒する? @CDiP said on 2011年4月8日 at 8:29 PM

    […] お役立ち ◇ 1カテゴリ1フォルダによるiPhoneアプリ管理方法。 (via Feelingplace) […]

  2. […] 1カテゴリ1フォルダによるiPhoneアプリ管理方法。 | Feelingplace […]

  3. […] 1カテゴリ1フォルダによるiPhoneアプリ管理方法。 […]

トラックバック URL