WordPressのプラグインFacebook for WordPressのOGP出力を書き換えるプラグイン、Fix Facebook Plugin J。

OGPタグを修正!!

昨日のエントリーではJetpackのOGP出力を止めましたが、まだそれだけでは不十分。

他のOGP指定プラグインと全く同じとまではいかないまでも、修正できるところは修正したいのが人情というものです。

今回はそんな願いを叶えてくれるプラグイン、Fix Facebook Plugin Jをご紹介します。

Fix Facebook Plugin Jとは

WordPressのプラグインで、Facebook for WordPressのOGP出力を書き換えます。

Facebook for WordPressプラグインが有効でないと正常に機能しません。

Fix Facebook Plugin Jの機能

Fix Facebook Plugin Jでできることは、Facebook for WordPressプラグインから出力されるOGPタグの

  • default image url : デフォルト画像のURLを設定します。
  • image size : 添付画像やアイキャッチ画像のOGPでの画像サイズを設定します。
  • time zone : タイムゾーンを設定します。(例:Asia/Tokyo)

以上3つを修正することができます。

Fix Facebook Plugin Jのインストール

まずは、

こちらのページの最下部から、

ダウンロード

ダウンロードボタンをクリックしてZIPファイルをダウンロード。

ZIPファイルを解凍してできるフォルダをWordPressのプラグインフォルダへアップロード。

最後にWordPressの管理画面からFix Facebook Plugin Jを有効にします。

あとはお好きなように設定するだけ。

Facebook for WordPressプラグインにこだわるなら。

Facebook純正のプラグインにこだわるなら、Fix Facebook Plugin Jは入れておいて損はないプラグイン。

設定項目もたったの3つなので迷うこともありません。

OGP指定プラグインをまだ入れていなければ、Facebook for WordPressとFix Facebook Plugin Jの組み合わせも悪くないと思いますよ(^-^)

ここでお知らせ!

当ブログのある意味メインコンテンツ、フォルテのFacebookページができました。ブログにアップする前の画像や動画をいち早くお届けしています。当ブログFacebookページではブログ更新後日談を掲載しています。

フォルテのFacebookページ当ブログFacebookページともに『いいね!』していただけるとうれしいです(^^)

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL