Tweet2HTML修正版を公開しました。

2013年6月13日追記:Tweet2HTMLは公開終了しました。詳しくはTweet2HTML公開終了とその後の対策について。【動画あり】をご覧ください。

twitter_watercolor_icon
twitter_watercolor_icon Photo by mfinleydesigns

先日【告知】Twitter API v1.1移行による拙作ブックマークレットへの影響についてで告知させていただきましたが、Tweet2HTMLの修正版を公開させていただきます。

2013年3月5日12:30 追記。

このエントリー、

によると、

API1.0は2013年の3月5日にブラックアウトテストが行われます。完全な廃止は2013年内が予定となっています。

※ 当初の発表ではAPI1.0は2013年3月5日に廃止と発表されていました。その後、廃止からブラックアウトテストに変更になっていました。

ということですが、ボクとしては当初予定通り修正させていただきますので、ご了承ください。

Tweet2HTMLとは?

まずは基本に立ち返り、Tweet2HTMLとは何かを確認しておきましょう。

Tweet2HTMLとは?

  • Twitterのツイートをブログに貼りつけるためのHTMLタグを取得するブックマークレット。
  • デスクトップ、モバイル機器関係なく利用可能。
  • 出力形式はTwitter公式(replyあり・なし)とBlackBird bookmarklet形式の2種類。
  • しかし、従来のものはTwitter社のAPI v1.0を使用していたが、v1.1への移行によりAPIが使用できなくなった。

というのが現状。

これを受けて今回は最低限ツイートをブログに貼りつけることができることを主に作り直しました。

新たなTweet2HTMLでできること。

新しいTweet2HTMLでは以前のものと比べてできることが限られています。

大きな変更点としては、出力形式が選べなくなったということです。

これは、Video2HTMLでも利用しているEmbedlyというサービスがあるんですが、このサービスでお試しで何かのツイートを入れてみる(Embedly | @feelingplaceのツイート)と、

embedly_tweet

となりますが、これをブックマークレット(JavaScript)でも扱えるような形式で呼び出すと、下のようにBlackBird bookmarklet形式で戻ってきてしまうのです。


ブログ書いた。:フォルテの気ままな日常 – もうだめ… http://t.co/A9BGKhwxsS
Mar 02 via Buffer Favorite Retweet Reply

ただし、この現象はエントリー執筆時点のものなので、Embedly側で修正がかかる可能性が大いにあります。

もう1つの変更点としては、replyのあり・なしが選べないということです。

これはTwitter APIを利用していたときであれば、オプションで指定できましたが、Embedlyにはそのようなオプションが指定できないためです。

2013年3月5日12:45追記。

手元でテストしたところ、現時点ではreplyはなしになるようです。これについてもEmbedly側で変更がある可能性がありますので、ご了承ください。

以上修正点2点をご理解の上でご利用くださいますようお願い致します。

ブックマークレットメーカー

Tweet2HTMLのブックマークレットメーカーは、ブックマークレットからTweet2HTMLメーカーに進むか、以下のリンクへお進みください。

Tweet2HTMLメーカー

今後ともFeelingplaceをよろしくお願い致します(o_ _)o

ここでお知らせ!

当ブログのある意味メインコンテンツ、フォルテのFacebookページができました。ブログにアップする前の画像や動画をいち早くお届けしています。当ブログFacebookページではブログ更新後日談を掲載しています。

フォルテのFacebookページ当ブログFacebookページともに『いいね!』していただけるとうれしいです(^^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ◆ 【WordPress】複数人でブログ運営する際に入れたい厳選プラグイン6つ ( via 無限クエスト。 ) ◆ Tweet2HTML修正版を公開しました。 ( via Feelingplace ) […]

トラックバック URL