名古屋を食べ尽くせ!!名古屋めし食べ歩きツアー・歴史探訪編 名古屋城

名古屋城

名古屋を食べ尽くせ!!名古屋めし食べ歩きツアー。妻の友人、みーちゃん(仮)を迎えてのこのツアー、朝食はコメダ珈琲で小倉トーストを満喫しました。

ここで改めてみーちゃん(仮)の希望を確認しておくと、

  • コメダ
  • 手羽先
  • ひつまぶし
  • みそかつ
  • きしめん

の5つ。コメダは最初に制覇したので残り4つになりますが、さすがに食べてばかりでもいけないですし、時間を空けないと食べられない。

ちなみに次の目的地はひつまぶしのお店。

今いるコメダとひつまぶしのお店の間にある観光地、名古屋城で時間を潰す歴史に浸ることにしました。

名古屋城

今更説明する必要もないでしょうけど、念のため公式サイトのリンクを…。

到着したのは9時半頃なんですが、大型連休中ということもあって名古屋城の目の前の駐車場は既に満車。駐車場待ちの列もどこまで並んでいるのか全く見当がつかないという恐ろしい状態…。

それを見越して専属ドライバーとなっていたボクは別のところに停めたんですが、やはり駐車場待ちの列は悲惨な状態でした。

これが正門から入って左側に見える名古屋城の天守閣。

名古屋城

こんなことになるならGRD2くらい持ってくればよかったとちょっと後悔しましたが既に遅し。

天守閣に向かってゆっくり歩くとお堀沿いにも近づけます。よく見てみると鯉が泳いでますねぇ。

お堀には鯉が

これは天守閣の礎石。1945年(昭和20年)5月14日の名古屋空襲により、本丸御殿、大天守、小天守、東北隅櫓、正門、金鯱などが焼夷弾の直撃を受けて焼失。1959年(昭和34年)に天守閣が再建されたんですが、その再建工事の際に取り除かれた礎石が移されたものです。

天守閣礎石

とはいっても子どもの頃はよくこの石の上を飛び回って遊んでいましたがね。

天守閣を入口から見上げるとこんな感じ。

天守閣入口から見上げる

さすがにデカい。

前述した通り再建したお城なので、展望室に登る階段以外はエレベーターでの移動も可能なので、高齢者でも安心です。

これがお城の中での展示物でもある、金鯱の原寸大模型。

金鯱原寸大模型

これには触ることはできないんですが、5階には乗ることができる原寸大模型も置いてあって、記念撮影のポイントになっています(専属ドライバーは専属カメラマンでもあったんですが、妻とみーちゃん(仮)の写真の公開は控えさせていただきます。)

これが天守閣最上階の展望室から東向きに見たところ。

展望室から東向き

大きな建物がないのがよくわかります(笑泣)

のんびり見て回りたい!!

フォルテ城内には庭園や茶室もあるので本当なら時間をかけてゆっくり回りたいところ。

もうしばらくすると、本丸御殿の復元工事も第1期が終了して玄関や表書院等が公開されるようですしね。

ただ今回は大型連休の影響で飛んでもない入場者数で急ぎたくても急げなかったのもあり、お昼に向かうお店の開店時間が近づいてきたので、他を回ることは断念。

名古屋城を後にしてひつまぶしのお店に向かったのでした。

このエントリーは、

に続きます。

ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

RSSリーダーでブログを読みたいという方は、こちらのフィードの購読をお願いします。

Twitter

Twitterでは

Facebook

Facebookでは、

  • Facebookページ
  • 当ブログFacebookページと

  • Facebookページ(フォルテ)
  • 当ブログマスコットキャラクターでありメインキャラクター、フォルテの写真や動画をブログに先行して公開しています。(ブログにはアップされないフォルテもあるかも…。)

Google+

Google+では

  • Google+
  • 筆者の個人アカウントと

  • Google+ページ
  • 当ブログのGoogle+ページで発信しています。

Instagram

  • Instagram
  • Instagramではフォルテの写真を主にアップしています。フォルテまみれになりたい方はこちらもどうぞ。

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] 名古屋を食べ尽くせ!!名古屋めし食べ歩きツアー・歴史探訪編 名古屋城… 私は、つい先日にお伊勢参りの帰りに寄ったのですが、思いの外内部展示が充実していてびっくりしました。しっかり堪能しようと思ったら半日は欲しいところですよねー。 […]

トラックバック URL