文字だけで伝えることの難しさ。

Moby's writing table - 43/52
Moby’s writing table – 43/52 Photo by Kathleen Tyler Conklin

現在ボクは新人介護支援専門員2人を指導する立場にあるのですが、ほぼ毎日この2人が書く連携先への文書や支援経過記録の添削をしています。

これらは文書や記録を書く人自身は分かって当然。それ以外の人が読んで分かるように書かないと意味がないよと伝えていますが、2人は文字だけで伝えることの難しさを感じているようです。

今日はその2人に伝えていることを整理してみたいと思います。

簡潔に。

連絡文書や記録である以上、自分が思っていることをだらだら書いていても意味がありません。

  • 主観的情報
  • 客観的情報
  • 評価
  • 今後の計画

を簡潔に書きましょうと伝えています。(看護記録のSOAPと同じような考え方ですよね。)

わかりやすい言葉で。

専門職が残す記録としてどうしても専門用語・業界用語が入ることはありますが、記録として残す場合誰が読んでも分かるようにする必要があります。

専門用語は代わりになる言葉がないこともありますが、業界用語は業界以外の人が分かる言葉に置き換えて記録するように伝えています。

誰が読んでも分かるようにしておかないと、記録としては全く意味がないものになりますからね。

対象を明確に。

最初の『簡潔に』とつながる部分・同じ部分も多いのですが、相手に話しかけるように書いてしまうとどうしても長くなりがちで、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

先程書いた

  • 主観的情報
  • 客観的情報
  • 評価
  • 今後の計画

の4つを

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • どのように

の5W1Hを最低限具体的に記録するように伝えています。

これがボヤけてしまうと相手には何も伝わらないですからね。

何のために記録するのか。

< style=”float:right;” >フォルテ

>

そもそも論になってしまうかもしれないんですが、何のために記録するのかがブレてしまうと何も伝わらなくなってしまうこともあります。

顔が見えない相手に何を伝えたいのか。

2人の新人に対して

  • 簡潔に。
  • わかりやすい言葉で。
  • 対象を明確に。

と偉そうに言っておいて自分自身はできているのかと自問自答を繰り返す日々を過ごしています。

そしてこのブログはみなさんからみて先程の3つができているのでしょうか。

ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

Twitter

Facebook

Google+

Youtube(フォルテやiPhone・iPadアプリ操作デモ動画)

Instagram(#朝1フォルテなど)

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ◆ 文字だけで伝えることの難しさ。 ( via Feelingplace ) […]

トラックバック URL