Seeqで自ブログ検索してShareHtmlを実行する方法。

Seeqアイコン

先日、モブログでやりたいことの手順を1つ1つ紐解いてみる。 | Feelingplaceというエントリーの中で、

という一言を元にその手順を分解していきましたが、ボクがどうやっているのかをまだ書いていませんでした。

今日は今のボクがやっている方法、『Seeqで自ブログ検索してShareHtmlを実行する方法。』を書いておきます。

Seeq - 次世代検索ランチャー Seeq – 次世代検索ランチャー 2.3(¥250 サイズ:0.8 MB)
販売元:Yusuke Tsuji – Yusuke Tsuji

Seeqで必要な準備。

Seeqで必要な準備はたった2つ。

  1. Seeqに自ブログ検索用アイテムを追加
  2. 内蔵ブラウザにShareHtmlを登録

この2つさえ準備すればSeeqだけで簡単に自ブログ検索してShareHtmlを実行することができます。

Seeqに自ブログ検索用アイテムを追加

まずはSeeqに自ブログ検索用のアイテムを追加します。

Titleは自分がわかるように、URLにはhttp://www.google.com/search?q=_Q_+site:feelingplace.comを手本にfeelingplace.comを自分のブログに変更してください。

Seeq アイテム設定

いちいち手打ちするのが面倒な方はSeeqがインストールされたiPhoneで下のツイートのリンクをタップすると、

先程のコードまで自動的にSeeqに反映されます。(アイコンはお好きなものに変更してください。)

内蔵ブラウザにShareHtmlを登録

次にShareHtmlの登録。ShareHtmlとは何ぞやという方はまずこちらをご覧ください。

既にShareHtmlを利用している方は、

  1. Seeqの内蔵ブラウザを開いて、”+”をタップしてブックマークを新規登録。
  2. 入力済のTitleとURLを消して、Titleには自分がわかる名前を、URLにはShareHtmlをコピーしてください。

Seeq 内蔵ブラウザ ブックマーク登録

これで準備完了です。

動作デモ動画

懲りずにやりますよ。

  1. Seeqで自ブログ検索。
  2. 内蔵ブラウザで検索結果・エントリー表示。
  3. 内蔵ブラウザでShareHtml実行。
  4. 結果をコピー。
  5. するぷろ for iOSに貼りつけプレビュー。

という一連の流れを1分弱の動画にまとめました。

もうこれ以上ないくらい簡単に自ブログ検索→ShareHtml実行までスムーズです。

あくまで1例。

< style=”float:right;” >フォルテ

>

これはあくまで1例に過ぎません。他にも色んな方法がありますし実際に先日の記事をきっかけにいくつかの記事を書いていただけたました。

その一部はふぉるてしんぶんだい60ごう。変化するSNSとの距離 | Feelingplaceの中にもリンクを貼っておきました。

1つの結果を導くために複数の手段を持っておくことはとても大切なこと。

明日は先日の記事をきっかけに書いていただいた記事をまとめてみようと思います。

Seeq - 次世代検索ランチャー Seeq – 次世代検索ランチャー 2.3(¥250 サイズ:0.8 MB)
販売元:Yusuke Tsuji – Yusuke Tsuji

ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

Twitter

Facebook

Google+

Youtube(フォルテやiPhone・iPadアプリ操作デモ動画)

Instagram(#朝1フォルテなど)

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from SLPRO Blog Editor for iOS on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ◆ Seeqで自ブログ検索してShareHtmlを実行する方法。 ( via Feelingplace ) ◆ 自ブログ検索からShareHtml実行(リンク作成)までのいろんな方法まとめ。 ( via Feelingplace ) […]

  2. 今週のiPhone 【8月18日】 | K's Blog said on 2013年8月19日 at 6:19 PM

    […] Seeqで自ブログ検索してShareHtmlを実行する方法。 | Feelingplace […]

トラックバック URL