スリープボタンの動作不良でiPhone 5を交換しました。 #ただし妻のみ

復元

もう何ヶ月も前からiPhoneの調子が悪いって言ってたんですよ、ウチの妻。スリープボタンの調子が悪いってね。

それなら早く交換すればいいのにとずーっと言っていたんですが、ようやく交換に行って来ました。

Apple StoreのGenius Barへ。

こういうトラブルが起きた時に駆け込むのはやっぱりApple Store。名古屋は栄にあるので、名古屋市内で仕事をしているボク達夫婦にとっては非常にありがたい。

かといって突然行っても Genius Bar は予約で一杯なので、事前にApple Store アプリで予約しておきました。

Apple Store – Apple
カテゴリ: ライフスタイル


名古屋にあるApple StoreのGenius Barは2階にあります。予約時間通りにお店に着き、ガラスの階段を上がって受付を済ますとすぐにカウンターへ案内されました。

動作確認。

まずはGenius Barのお兄さんにスリープボタンが効いたり効かなかったりと症状をざくっと説明。

動作確認するかと思いきや、『本体の交換になりますけど、いいですか?』といきなりの申し出。

そりゃ交換してもらうつもりで来たから別に問題ないですけど、『動作確認しなくてもいいんですか!?』ってこちらが心配してしまうほどの速さでの申し出でした。(それだけこの症状が頻発しているってことなんでしょうけどね。)

その後は交換用の本体をサッと取り出してSIMを入れ替え。アクティベーションもとんでもない速さで済ませていきます。

結局10分程度で交換は終了。こんなにあっさり終わってしまうとは…。

と思っていたところに Genius Barのお兄さんから、『最後に本体診断だけしておきましょう!』と一言。

本体診断!?

そういうとSIMを抜いたiPhone 5を操作し始めるお兄さん。Safariを立ち上げ手早く作業を進めると、お兄さんが持っていたiPadにデータが送られたようでした。

そのデータを見せてもらいながら診断内容を聞くと、何やらアプリのクラッシュが多いと。アプリを立ち上げっぱなしにしているので、定期的にマルチタスクを表示してアプリを上にスワイプして強制終了してくださいとアドバイスをもらいました。

もう1つ言われたのはバッテリーの劣化が激しいと。充電をしながらの動画閲覧やゲームをすると、特によくないということでした。(心当たりありまくりの妻は苦笑い…。)

確かに最近、バッテリー残量20%前後あってもシャットダウンすることがよくあるって言ってたけど、これが原因だったみたいです。

これだけバッテリーが劣化していると、バッテリーの交換の対象にもなりますよ〜と教えていただきました。

ちなみに、家に持ち帰った新しくなったiPhone 5のOSは6.1.4でしたよ。

iOS 6.1.4

終わりに。

< style=”float:right;” >フォルテ

>

スリープボタンの動作不良は間違いなく交換はしてもらえると思っていたんですけど、思わぬ情報までもらえて何だが得した気分になった今回のGenius Bar。

iPhoneの1年間の製品保証には、不具合のあるバッテリーの交換が含まれているようなので、気になる方は1度Genius Barで相談してみてはいかがでしょうか?

ボクのiPhoneもバッテリー残量30%前後でシャットダウンすることがあるので、早速別の日を予約してみてもらうことにしましたよ〜。

Apple Store – Apple
カテゴリ: ライフスタイル


ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

Twitter

Facebook

Google+

Youtube(フォルテやiPhone・iPadアプリ操作デモ動画)

Instagram(#朝1フォルテなど)

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatech on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ◆ スリープボタンの動作不良でiPhone 5を交換しました。 #ただし妻のみ ( via Feelingplace ) […]

トラックバック URL