TextExpanderはもういらない!?PressSyncの入力支援を活用してみよう。

PressSyncアイコン

iOSのテキスト置換ユーティリティーアプリでモブログには欠かせないTextExpanderのバージョンが2.3になり、各アプリとの連携の仕組みが大きく変わったようです。

TextExpanderと連携しているアプリの開発者さん達は急ぎで対応して下さっているので、ユーザーとしてはありがたいことです。

しかし、毎回こんなことで振り回されたくないのも正直なところ。そこで活用したいのがPressSyncの入力支援です。

PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


入力支援とは?

PressSyncに最初から搭載されていた機能の1つで、面倒なHTMLタグの入力を簡単にしてくれる機能。

ボクもPressSyncのことを初めて書いた記事(多機能WordPressエディタ・管理アプリ、PressSync Pro。 | Feelingplace)で

入力支援はiPhoneでのTextExpanderでは使えないFill-In機能をPressSync Proで実現

と書いています。(当時iOSのTextExpanderではFill-Inが使えませんでした。)

基本的な使い方としてタグで囲みたい文字列を選択して[HTML]をタップ。

選択して囲む

後は囲みたいものを選択すればいいだけ。非常に簡単です。先に文章を仕上げてから囲むことができるので「あー、ここは何タグを使おうか…。」と途中で頭を悩ませる必要はありません。

カスタム入力支援を作る。

この入力支援は自分で作ることもできます。

例えば入力支援でTwitterアカウントリンクを作りたい場合、フォーマットには

フォーマット

と入力。即時貼り付けはOFF、保存します。

カスタム入力支援編集

この状態で先程のように[HTML]ボタンをタップするとCustom Input Supportの中に先程作ったTwitterアカウントリンクの入力支援があるのでタップすると、

Param1入力

Param1に埋め込む文字列を入力するよう促されます。必要な文字列を入力しOKすると、

展開

このようにTwitterアカウントのリンクができちゃいます。

カスタム入力支援を共有する。

さらに最新版のPressSyncではこのカスタム入力支援を共有できるようになりました。

カスタム入力支援の下のほうに[共有]があるのでタップすると、

カスタム入力支援共有

クリップボードにコピーできます。

先程のTwitterアカウントリンクをサンプルで置いておきますので、PressSyncがインストールされているiOSデバイスで下記のリンクをタップしてインポートしてください。

PressSyncにカスタム入力支援 TwitterAccountLinkをインポート

便利なカスタム入力支援を共有しよう!!

< style=”float:right;” >フォルテ

>

TextExpanderはFill-inが使えるようになった時やiOS 7にアップデートした時など、これまでにも何度か悩まされることがありました。

それに対してPressSync単独でTextExpander相当の機能を備えているというのは、他のアプリの仕様に常に注意を払わなくてもいいので非常に大きなアドバンテージとなります。

この入力支援を共有すれば更に効率よく書くこともできるようになるはずです。

PressSyncユーザーのみなさんには、このカスタム入力支援を積極的に公開してもらいたいなと1ユーザーとして期待しています。

PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] TextExpanderはもういらない!?PressSyncの入力支援を活用してみよう。 | Feeling…参考にしたサイト […]

トラックバック URL