Markdown記法なるものを覚えてみようと思う。

フォルテ_Markdown

ここ数週間、TextExpanderがバージョンアップの絡みもあってうまく動かない時期がありました。

ボク自身は別手段でHTMLタグを書くことができていたんですが、面倒ではありました。

そこで以前からヒロセさん(@shirose_jp)から勧められていたMarkdown記法を覚えてみようと思います。

きっかけ。

きっかけは先程のヒロセさんの記事。

実はヒロセさんがこの記事を書く前にTwitterでMarkdownについてのやり取りをしていたので、ボクにとっては願ったり叶ったりの記事でした。

その後も

とボクにMarkdown記法を覚えろと言わんばかりの記事が立て続けに公開されていました。

ここまでやられたらもうやるしかないですよね(^_^;)

よく使う書き方。

これまでブログを書いてきた中でボクがよく使ってきたのは、

  • 段落
  • 強調
  • リスト
  • 見出し
  • 引用
  • リンク

この6つくらい。簡単にMarkdownでの書き方を紹介すると、

段落

段落は空行で分けるだけ。

1行目

2行目

1行目

2行目

強調

強調はstrongなら**または__、emなら*または_で挟みます。

**太くなる**
_斜体になる_

太くなる
斜体になる

リスト

リストは順序なし(ul)だと*で、あり(ol)だと1.で表します。

* 春
* 夏
* 秋
* 冬
1. 春
2. 夏
3. 秋
4. 冬

見出し

見出し(h1など)は#の数で表します。

## レベル2
#### レベル4

レベル2

レベル4

引用

引用は>をつけます。

>買いたい時が買い替え時。

買いたい時が買い替え時。

リンク

リンクは[表示する文字列](リンク先URL "タイトル")と書きます。

[Feelingplace](http://www.feelingplace.com/ "Feelingplace")

Feelingplace

それぞれ他の書き方もありますけど、これくらい覚えておけば十分書けそうです。

HTMLと混在可能。

これだけで書ける大きな理由はHTMLも混在可能だから。

ShareHtmlやAppHtml、カエレバ・ヨメレバなどで生成されたリンクはそのまま貼れるので難しく考える必要は全くありません。(最初のヒロセさんの記事もそのまま貼ったものですしね。)

あとは何を使うか。

フォルテ

iPhoneアプリでもMarkdown記法をプレビューできるアプリがたくさん出ています。マルボロさんの記事の中には海外のサイトですが、エディタの比較をしているサイトのリンクもありました。

ボクの手持ちのアプリでも

がありますが、ここは1つせっかくなのでヒロセさんお勧めのDraftsを試してみたいなと思います。

Drafts – Agile Tortoise
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング


Textwell – Sociomedia
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Moblogger – Toshiya NISHIO
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング


PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ


MyEditor – Takeyoshi Nakayama
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL