ハッシュタグをつけてほしいと感じるツイート4つ。

以前、こんな記事を書いたことがあります。

ブログの更新情報をSNS個人アカウントで流さないたった1つの理由。 | Feelingplace

これから半年近くが過ぎて自分自身が感じることも変わってきました。

その1つがTwitterのタイムラインが苦痛になることが出てきたことです。

苦痛の理由

ボクはこの記事にある通りFacebookの個人アカウントでつながっていた妻からウザいと言われたことで、Twitterのブログ専用アカウントを準備したり、Facebookページ・Google+ページでブログの更新情報を流すように変更しました。

自分が変化したせいもあり、Twitterのタイムラインを苦痛に感じることが出てきました。

その原因となるものを考えてみると、4パターンのツイートに分けることができました。

4つのツイート

そのツイートとは、

  • ブログ更新通知
  • 過去記事紹介
  • シェア
  • RT

の4つ。説明する必要はないと思いますが念のために。

  • ブログ更新通知
    • その日更新した記事をまとめて何度もツイート。
  • 過去記事紹介
    • ブログの過去記事のツイート。
  • シェア
    • ブログ記事のシェア。
  • RT
    • シェアされた記事のリツイート。

程度や内容の問題もあるとは思いますが、これらのツイートの頻度が高ければ高いほど妻から言われたことと同じこと、つまりウザいと感じる自分がいます。

発信者の自由を妨げるつもりはない

フォルテ
発信者としては意図してやっていることだろうし、自分も過去にやっていたことがあることなので止めてもらいたいとまでは思いません

しかし、受信者側でフィルタをかけるのにも限界があります。たとえば、昨日紹介したTweetlogix for Twitterを使ったとしても、RTをミュートすることはできても特定アカウントのキーワードでミュートすることはできません。

ですから、この4つについてはハッシュタグをつけてほしいと感じるのです。

ボク自身は、

  • ブログ更新通知 → #fp_blog
  • 過去記事紹介 → 実施せず
  • シェア → #fp_check
  • RT → 実施せず

としています。

本当はTwitterの公式クライアントがミュートすることすらできないので、アカウントを分けてもらえるとありがたいんですけどねぇ。

このブログでは@fp_tweetというアカウントで更新情報のみを発信していますので、もしよろしければフォローしてみてくださいね(^-^)

Tweetlogix for Twitter – Onloft Software LLC
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL