【おまけつき】WordPressのメディア埋め込み機能を調べていたら、おもしろいものを見つけてしまった。

何を思ったか急に思い立ってWordPressのメディア埋め込み機能を調べてみました。

するとボクにとっては非常におもしろいものを見つけてしまいました。

最後におまけをつけてあるので、気になる方は読んで見てくださいね。

WordPressのメディア埋め込み機能とは?

WordPressのメディア埋め込み機能とは、本文にURLを書くだけで動画・画像・その他のコンテンツを WordPress サイトに埋め込むことができる機能。(WordPress 2.9 以降)

  • URL は独立した行に書くこと
  • (投稿表示時にクリックできるような)ハイパーリンクにしないこと

の2点に注意さえすれば、

  • YouTube (only public videos and playlists – "unlisted" and "private" videos will not embed)
  • Vimeo
  • DailyMotion
  • blip.tv
  • Flickr (both videos and images)
  • Viddler
  • Hulu
  • Qik
  • Revision3
  • Scribd
  • Photobucket
  • PollDaddy
  • Google Video
  • WordPress.tv(現在は VideoPress 形式の動画のみ)
  • SmugMug(WordPress 3.0 以降)
  • FunnyOrDie.com(WordPress 3.0 以降)
  • Twitter (WordPress 3.4 以降)

これらの動画・画像・その他コンテンツを埋め込むことができます。(oEmbed – WordPress Codex 日本語版より)

仕組みをのぞいてみる。

この機能はclass-oembed.phpの中身をみるとどうなっているかがわかります。

oEmbedという仕組みを使って各サービスの埋め込み用タグを取得しているようなんですが、1つ気になることが。

この記事でも書いたんですが、Twitter APIはv1.1に移行してv1は既に使えなくなっているはずなのに、なぜかこの埋め込み機能だけはまだv1が動いているんですよ!

Twitter APIがv1.1ではない!?ってことは…。

フォルテ
埋め込み用のAPIがv1ということは、公開を取りやめているツイートを埋め込むためのブックマークレット、Tweet2HTMLが使えるってことなんですよね。

せっかくなので、この記事を最後まで読んでくださった方のためにTweet2HTMLメーカーのリンクを貼っておきます。

またいつ使えなくなるかわからないですけど、もしよろしければお使いください(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL