WordPressのプラグイン、Jetpackで関連記事の表示ができるようになった!!

Related Posts

WordPressで関連記事を表示しようと思うとプラグインに頼ることが多いのではないでしょうか。

ボクももちろんその1人なんですが、先日アップデートされたJetpackでも関連記事の表示ができるようになったので切り替えました。

今日は設定方法と表示例を簡単にご紹介したいと思います。

Jetpackとは?

JetpackとはWordPressのプラグイン。

WordPressを作っているAutomattic社製のプラグインで非常に多機能。

SNSの共有ボタンを表示させたり、記事を更新したらSNSに更新情報を流したりするのはもちろん、サーバーの稼動状況まで監視してくれるスグレモノです。

このJetpackで関連記事の表示ができるようになったから使わない手はありません!

設定方法

Jetpackがインストールされていることを前提で話を進めます。まずはJetpackのバージョンを2.9にアップデートしましょう。

次にWordPressのダッシュボード → Jetpack → JetpackからRelated Postsを有効化します。

関連記事の設定はWordPressのダッシュボード → 設定 → 表示設定から。設定できるのは今のところ、

Related Posts_設定

  • 関連記事とわかるようにRelatedと表示し、記事と明確に区別するか。
  • 大きなアイキャッチ画像を使うか。

の2点です。

表示例

実際ボクの記事(abi chi-chi cawa 名刺入れWを購入しました。 | Feelingplace)で表示されたのがこちら。

Related Posts_表示例

どういう仕組みで関連記事を表示させているのかはわからないんですけど、なかなかいい記事を選んでくれていますね。

iPhoneでは縦に表示されてしまいますが、Macだと横に3つ収まっていい感じでしたよ〜。

カスタマイズもできる!

フォルテ
この関連記事の表示機能、表示設定で変更できる部分は先程も書いたようにごくわずか。

しかし、Customize Related Posts — Jetpack for WordPressを読むと表示件数や表示場所、特定記事の表示・非表示などのカスタマイズすることも可能のようです。

公開されたばかりの機能ですけど、Jetpackを使ってる人は試してみてもいい機能だと思いますよ〜(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL