映画のような滑らかな動画が撮れるアプリ、Steady Camera。

Steady Camera_アイコン

ここ2回ほど、フォルテの気ままな日常の動画がこれまでと違うことに気がつきましたか?フォルテの気ままな日常[158]自動腹見せ装置フォルテ。 | Feelingplaceフォルテの気ままな日常[159]行き倒れるフォルテ。 | Feelingplace

実は標準カメラでの撮影ではなく、今日ご紹介するSteady Cameraを使って撮影してみました。

標準カメラとどう違うのかの比較もしてみたので、どれだけ滑らかになるか見てみましょう。

Steady Camera – ブレ補整&スローモーション動画 – Stupeflix
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント


Steady Cameraでできること。

Steady Cameraでできることは大きく分けると

  • 滑らかな動画撮影
  • スローモーション撮影

の2つ。今回は滑らかな動画の撮影に絞って見て行きます。

撮影は縦持ちだと1:1、

Steady Camera_縦持ち

横持ちだと16:9になります。

Steady Camera_横持ち

ただ横持ちは1920×1072pxだから厳密に言えば16:9にはなってないんですけどね。

このまま赤い撮影ボタンをポチッと押せば滑らかな動画の撮影開始です。

スローモーション撮影をしたい場合は、『Slo』ボタンを押してください。(撮影途中からでも可能です。)

標準カメラとの比較。

気になるのは標準カメラで撮った時との違いですよね。

今回は標準カメラとSteady Cameraの両方で同じように動いて撮った動画を作ってみました。

標準カメラだと歩いたりソファに座ったりした時に画面が揺れるのがよくわかりますが、Steady Cameraでは画面の揺れが明らかに減っていますよね!

これなら簡単!!

フォルテ

iPhoneで動きながら動画を撮ろうとすると、どうしても手ブレは避けられないものと諦めていました。

ですが、このSteady Cameraを使えばある程度の手ブレは抑えられそうです。

家族旅行で毎回ビデオカメラを持って出掛けるのも大変なので、このSteady Cameraで滑らかな動画を撮っておくのもいいのではないでしょうか(^-^)

Steady Camera – ブレ補整&スローモーション動画 – Stupeflix
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL