WordFes Nagoya 2014 に参加してきました。【SESSION4 WordPressAPIの活用編】

WordFes Nagoya 2014

愛がある!冒険がある!WordPressがある!

WordPress の地域コミュニティである WordBench Nagoyaのメンバーが中心となって開催する東海地区最大規模の WordPressカンファレンス、WordFes。

2014年は8月30日(土)に名古屋工業大学にて開催されました。

しばらくの間、WordFes Nagoya 2014 の参加レポートを書きたいと思います。

今回は、SESSION4 WordPressAPIの活用 – WordFes Nagoya 2014です。

WordPressAPIだと!?

ボク自身、ブックマークレットを作ったりしたこともあるので、APIと聞くと耳がピクッと動くようになりました。

このセッションでは

「XML-RPC」や「JSON REST API」を使ってWordPressをAPI経由で利用する方法

が聞けるようなので非常に楽しみでした。

対象者も

  • PHPかJavaScriptで簡単なプログラムを作ったことがある人
  • アプリやサービス開発に興味がある人

と今のボクが聞かずにいつ聞くのというバッチリ対象にハマったもの。

スピーカーは岡本 雄樹 (ジャスティス岡本)さん。

アシアル株式会社でエンジニアとしてECパッケージの開発やサイト構築に携わり、現在はスクール事業部のマネージャーとして新人研修の企画やWebプログラミングを教える仕事をされている方です。

アプリケーションプラットホームとしてのWordPress

普段ボクはWordPressをブログ更新のシステムとして使っているんですが、他の使い方を考えてみようというもの。

今回はWordPressをデータの置き場として捉えて、

  • 入力
  • 出力
  • 処理
  • 保存

これらをWordPressに任せてしまえないかというもの。

WordPressとデータをやり取りする時に使うのがAPIってことです。

入出力APIを利用する

API、APIっていうけど、APIって何なんだ?

ボクもよくわかっていなかったのでWikipediaで調べてみると、

API = Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインタフェース)
アプリケーションをプログラムするにあたって、プログラムの手間を省くため、もっと簡潔にプログラムできるように設定されたインターフェース

というもの。これを利用すればデータの出し入れが簡単になるってことなんですね〜。

今回は某ブックマークサービスと似たようなものを作るデモを見せていただきました。

操作はiPhoneアプリで行い、WordPressに置いたブックマークのデータ(タイトル・URL)をiPhoneアプリに表示させるという仕組み。

ブックマークの追加にはブックマークレットを使っていました。

アプリケーションフレームワークとしてのWordPressの可能性

フォルテ

ブックマークレットの中身はシンプルで別のJavaScriptを読み込むだけのもの。

本体のJavaScriptには今見ているページのタイトルとURLをWordPressへ投稿するためのXMLが書かれていました。

今回のデモではユーザーIDやパスワードもここに書かれていましたが、(AppHtmlのように)ブックマークレット側に変数として書いて読み込む形にすればXMLにIDとパスワードを直書きしてくて済むようになるかなと今になって思いつきました(^_^;)

現在WordPressのコアでサポートしているのはXML-RPCのみでJSON REST APIの実装はバージョン4.1の予定だそうです。(WordFes Nagoya 2014 に参加してきました。【SESSION1 WordPressの最新動向編】 | FeelingplaceでWP APIと書いたもの。)

ボクが普段ブックマークレットを作る時にはJSONを扱うことが多いので、JSON REST APIが実装されたら何か考えてみようかなぁと思えるセッションでした(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL