初心者向け講座「iPhoneアプリ開発キャンプ@名古屋」【参加レポート2日目 とにかくたくさん手を動かした!】

Xcode

前日に引き続き、iPhoneアプリ開発キャンプの2日目のレポートです。

初日は講義を受けながら、簡単な割り勘アプリの作成までを行いました。

2日目はペアプログラミングでとにかく手を動かすことに集中。つまりアプリの作成をガンガン進めましたよ!!

会場・講師

会場前日に引き続きMYCAFE(マイカフェ)伏見本店

MYCAFE伏見本店

講師はブログ、拡張現実ライフ卵は世界である主宰のあきお先生(@akio0911)です。

計3回のペアプログラミング

この日はスタートからいきなりペアプログラミング。

前日最後に出された宿題、「作りたいアプリのアイディアを考えてくる」を2人で確認。それをもとに何を作るかを考えていきました。

1回90分のペアプログラミングを行い、その時点での結果をその都度発表。

アプリ発表

毎回ペアを変えながらこの流れを3回繰り返して、他のペアがやっていた知識も吸収しようという仕組みです。

成果発表

せっかくなので、ボクがペアプログラミングで作ったアプリを動画に撮ってみました。

まず1つ目。

ボクが宿題で考えてきたのは、スライダーを使って画像をめくっていくビューワーアプリ。

ペアの受講者は他言語のプログラミング経験がある方だったので、このアイディアをベースにしてアプリに取り込んだ画像を取得してスライダーで画像をめくるアプリに仕上げました。

2つ目。

2つ目はあきお先生とのペア。相談の結果、Flickrの画像を取得して表示するビューワーを作りました。

ただ今回は取得する画像は決めて作ったので、毎回同じ画像しか表示できないんですけどね。

ホントは複数の画像を表示してスクロールできるようにしたかったんですけど時間切れ(^_^;)

最後の3つ目。

最後のペアの方は2つ目でタップの検出を使ったアプリを作っていました。

相談の結果、最初は画像を表示して神経衰弱アプリを作ろうかと話していたんですが、最終的にはFlickrから複数撮ってきた画像をタップした場所に表示するアプリになりました。

カタチにしたい!!

フォルテ

まさか2日間でここまでのことができるようになるとは全く思っていませんでした。

プログラミング経験って言ってもJavaScript(ブックマークレット)を時間をかけて何とかカタチにしていただけなので、無いに等しいものです。

そんなボクでもあきお先生の講義を受け、他の受講者とのペアプログラミングを通じて、単機能のアプリですけど作ることができたのは大きな収穫です!

実はこの2つ目には、「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」の受講者が遊びに来てくださいました。

その中でアプリを公開された方からのお話の中で印象的だったのが、「完璧を求めない。まずは申請・公開しよう!」というもの。

作るアプリに完璧を求めると、公開できなくなる。
まずは公開。それから徐々にバージョンアップをしていけばいい。

この一言を聞いて少しホッとしました。と同時にまずは自分がイメージしているものをカタチにしたいという気持ちが強くなりました。

これからはせっかく2日間かけて学んだことが無駄にならないように、毎日少しでもいいからXcodeを起動してコードを書くようにしたいと思っています。

あきお先生からは「アプリ開発日記やるんだよね!?」とけん制されたんで、これからは定期的にアプリ開発状況に関する記事も書きたいなと思います(^-^)

Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL