ハリウッド品質の動画色補正フィルタを備えたアプリ、Chromic。

Chromic_アイコン

画像にフィルタをかけるアプリはそれこそ数限りなく App Store にあります。

動画もそれなりにあるんですけど、やたら派手なフィルタだったりして使いにくいのが多いんですよね。

そんな中で見つけたのがこの Chromic。App Store の説明を読むと、何でも『ハリウッド品質の動画色補正フィルタを備えた』アプリだそうで。

さっそく試してみたのでご紹介したいと思います!

Chromic – Video Filters, Vintage, Effects, Editor – Lucky Clan
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント


標準機能

Chromic は基本無料のアプリ。起動すると

Chromic_動画選択

このように動画を選べる画面になります。上部は動画のプレビュー画面になっていて、画面サイズのピクセル数やフレームレートが確認できます

標準で準備されているのは7種類のフィルタと露出補正。

Chromic_リアルタイムプレビュー

画面上部でフィルタをかけた結果がリアルタイムでわかるので、微妙な調整もしやすいです。

プレビュー画面を上下するとフィルタのかかり具合の調整、左右で動画の巻き戻し/早送りができます。

おすすめアプリ内課金

Chromic にはアプリ内課金で他のフィルタを追加することもできます。

いくつも準備されているんですが、ボクのおすすめはこの Adjustments

Chromic_アプリ内課金

標準装備されている Exposure(露出) に加えて、

  • Contrast(コントラスト)
  • Saturation(彩度)
  • Vibrance(自然な彩度)
  • Hue(色相)
  • Temperature(色温度)
  • Shadows(シャドウ)
  • Highlights(ハイライト)
  • Sharpenblur(シャープとブラー)
  • Straighten(傾き)

これだけの項目が調整できるようになります。これらはもちろん重ねてフィルタをかけることもできるので、思い通りの色合いの動画に仕上げることができるようになりますね!

作例

というほどのものではないんですけど、ビフォーアフターを見ていただくのが1番いいでしょう。

まずは Chromic での補正前。

確かに麻婆豆腐はおいしそうなんですけど、見た目が暗い…。撮った本人は現場はもっと明るかったと感じてたんですけど、iPhone 6 Plus でスローモーションで撮った動画だと暗くなりがちですね。

そこで Chromic の登場。補正をかけると…

あーもう本当にうまそうな麻婆豆腐なことっ!!とこのように自然な色合いで補正をかけることができちゃいます。

派手さはない。だからいい。

フォルテ

アプリ自体の使い方はとてもシンプルで使いやすい。しかも Photo Extension にも対応しているので、写真アプリから動画に補正をかけることもできます

露出補正だけでもかなり見映えが変わりますし、アプリ内課金のフィルタも Adjustments だけなら手軽に購入できる金額なのでおすすめです。

撮った動画の色が何か違うなぁと感じたら、まずはこの Chromic で直してみてはいかがでしょうか(^-^)

Chromic – Video Filters, Vintage, Effects, Editor – Lucky Clan
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント


Posted from PressSync Pro – WordPress Blogging App – Hiroaki Hayase on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL