AppHtmlリニューアルによせて。(開発チームの1人として。)

@hiro45jpさん

先日@hiro45jpさんからAppHtmlのリニューアルが発表されました。

ボク自身このリニューアルに少しだけ関わらせていただいたんですが、今日は視点を変えてAppHtmlに対するボク自身の開発チームの1人としての思いを残しておきたいと思います。

どんぴさんに招集されたチーム。

チームはこの5名。

そしてボクの5名。とんでもないチームに加えられたと今でも思っています。

このチームで行われたのは、JavaScriptのコードを書くことはもちろんですが、多くの時間はAppHtmlのあるべき姿は何なのかという議論に費やされました。

その内容は

この記事の中でどんぴさんが語っている通り、

AppHtml の開発において最も時間を費やした事は「ツールとしての安心感」を繰り返し討論しあうことでした。
ブロガーが爆発的に増えたこの時期だからこそ、正しいリンク形式を提供することがツールにとっての使命なのだという見解を、何度もチーム内で議論をし、最終的には一同一致した形ではじめることができた

ということです。

テスターの2名。

AppHtmlのリニューアルに際しお願いしたテスターは、

の2名。iPhone系のブログをググっていればすぐにたどり着くであろうブロガー2名の協力を得て、さらに開発を進めました。

そこでいただいた貴重な意見は最終的にAppHtmlのテンプレートに反映されることとなりました。

なぜこのテンプレートなのか?

< style=”float:right;” >フォルテ

>

リニューアルされたAppHtmlに用意されたテンプレートは予約語を除くと5種類。

それに対してリニューアル前は予約語を除くと6種類。

新旧AppHtmlのテンプレートは数も違えばその内容も全く違います。

その理由は、

ひろさんがこの記事の中で、

基本ポリシーとしては、PHGの規約に抵触しないURLを吐くこと、予約語を自由に組み合わせれば、様々な表現方法が可能であること、としています。

と書いている通り。

一言で規約と言っていますが、その中身を読んでみると”ガイドライン”という文言を何度か見かけます。読むべきものは規約だけではないんですよね。

PHGの規約を守りつつ、AppHtmlらしさをどう表現するか。

開発チームとテスターで考え抜いた結果がこのテンプレートです。

PHGの規約・ガイドラインを読みつつ新旧AppHtmlのテンプレートを見比べて、リニューアルされたAppHtmlのテンプレートに込められた思いを読み取ってほしい。

これがリニューアルの一端に関わった1人の願いです。

ここでお知らせ!!

当ブログ、Feelingplaceでは以下のサービスを利用して更新情報を発信しています。

RSSフィード

Twitter

Facebook

Google+

Youtube(フォルテやiPhone・iPadアプリ操作デモ動画)

Instagram(#朝1フォルテなど)

まだフォローしていないものがあれば、この機会にぜひフォローをお願いします。

Posted from するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatech on iPhone.

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] ◆ AppHtmlリニューアルによせて。(開発チームの1人として。) ( via Feelingplace ) ◆ Mac専用エディタ[MarsEdit]に「AppHtmlME 3.0 PHG」の設定ができたよ\(^o^)/ ( via iPhoneとマヨテキメモ ) […]

トラックバック URL