MetaGatewayとの連携テスト

image1592418897.jpgうまくUPできるでしょうか?

--------------------------

直後の追記

うーん、現状ではイメージ通りって感じにはいきませんね。
詳細なレポートはまた後日…。

--------------------------

この投稿へのコメント

  1. nao said on 2009年5月10日 at 7:21 PM

    tomoさん、こんばんわ。たびたびお騒がせして恐縮です。

    > うーん、現状ではイメージ通りって感じにはいきませんね。
    > 詳細なレポートはまた後日…。
    >
    日本のブログユーザーの感覚だと、写真の位置決めは右寄せ、左寄せ、中央揃えの3通り、テキストの回り込みは指定しない限りなしというのが相場ですが、iBloggerだとテキストの回り込みはするのが普通なのですね。さぞかし驚かれたことと拝察いたします。
    left, right, topの3通りの配置のうち、topだけが回り込みなし(=貼り込み画像とテキストの間に改行タグが入る)になりますが、写真の配置は左寄せに限られてしまいます(私がBloggerに投稿したテスト記事はtop配置です)。写真日記によくある中央揃えにしようとすれば、ectoでダウンロード後テキストモードの編集画面上で配置指定タグを追加して再送信するという手がありますが、それも面倒ですよね。

    貼り込み画像の処理についてはBlogPressのほうが高機能なのはわかっているのですが、こちらはデフォルトで連携するフォトアルバムがFlickrでなくPicasaになっているうえ、ここをMetaGatewayとの連携でカバーできるかどうかが未知数なのが気がかりです。だめもとで近々一度試してみるつもりではありますが、首尾は当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・

  2. tomo said on 2009年5月13日 at 12:40 PM

    naoさんへ。
    コメントありがとうございます。
    自分でエントリー書いた後で思ったんですが、イメージ通りにいかなかったのはiBloggerの問題かなぁと感じてました。
    MetaGatewayの機能としては十分機能したと後で思いました。
    iBloggerからMetaGatewayのAPIを通じてMovableTypeにUPする際、imageだけをFlickrに送った上でリンクを張ってくれるのはすごいですね。
    ボクの中でMovableTypeへのエントリー方法は現在3種類程あるんですが、そのうち1番多用(というかそれしか使ってないです…)しているのはEcto。
    もう1つはFlickrからのblog upload email経由。もう1つがiBloggerです。
    iPhone3Gからのエントリーはblog upload emailもiBloggerもまだ自分のイメージ通りにできない(ex.再編集が必要)ので、MetaGatewayもこれからの候補の1つですね。
    ただ、自分はiPhoneAppでFlickrへのアップロードができるAppも持っているので、iBloggerがさっさとバージョンアップすることを願っています。

  3. nao said on 2009年5月14日 at 7:45 PM

    tomoさん、こんばんわ。お返事ありがとうございます。

    >iPhone3Gからのエントリーはblog upload emailもiBloggerもまだ自分のイメージ通りにできない(ex.再編集が必要)ので、MetaGatewayもこれからの候補の1つですね。
    iPhone/iPod touchからブログを書けるツールは全部で3つありますが、MetaGatewayの機能をフルに利用して足りない機能を増強できるほどしっかりしたリダイレクト接続機能を装備しているのはiBlogger1つしかないことを先日確認しました。もともとiPhoneアプリはパソコン用アプリと違ってアプリ本体の容量が限られている以上、パソコン用アプリにある機能を何でもかんでも本体に突っ込もうとしてもどだい無理な話だと思っています。

    >iBloggerがさっさとバージョンアップすることを願っています。
    全く同感です。横向き入力対応の新iPhone OS 3.0の公開が近いだけに、よけいそう感じます。接続とテキスト処理については他の2つのソフトとは比べ物にならないぐらいしっかりしているのですから、あとはもう少し画像の扱いを強化してもらうことですね。
    ectoファンにとって使うに値するiPhone用ブログ投稿ツールはこれしかないことがはっきりした以上、ユーザーの声を集中して気長に育てあげていくしかありません。

    この意味で心配なのは、開発元が日本在住のAdriaanさんから米国内の会社に移ったため、日本のブログの特殊事情(テキストエンコーディングがUTF-8でない無料ブログサービスが多いので、ectoと同じようにHTMLエンティティーのエンコーディングをoffに切り替えて文字化けを回避する機能が必要/カテゴリーリストの仕様の個体差など)をどこまで理解して対応してもらえるかが少々心もとないということです。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL