Weightbotで記録してきたデータをWithingsに移行する。

せっかくWeightbotで記録してきたデータを移行しないのはとてももったいないですよね。

Withingsの設定を行っていく中で方法を見つけました。

Wifi Scaleの専用アプリ、WiScaleを利用することでWeightbotのデータを移行できるんです。

今日使うアプリはWiScaleWiScaleWeightbotWeightbotの2つです。

iPhoneからhttp://start.withings.comにアクセスするとWiScaleをiPhoneにインストールするよう促してきます。

Withings Wifi Body Scale

WiScaleを立ち上げて左上にあるiボタンを押すと設定画面に移ります。

Withings Wifi Body Scale

SynchronaizationからUse an existing accountを選んで、既に作ってある自分のアカウント名をタップします。

その後で設定画面の中にImportをタップ。

Withings Wifi Body Scale

すると、もしWeightbotのアカウントを持っているならデータのインポートができますよ(意訳)とお知らせが。

ちなみにWeightbotのアカウントは、設定画面のバックアップから作ることができるので、アカウントを作ってない人はこのタイミングで作りましょう。

WiScaleに戻って、Weightbotのアカウントとパスワードを入力するとデータのインポートが始まります。

インポートが無事に終われば、こんなアラートが出ます。(データの入力量によってメッセージは異なります。)

WiScaleはアカウントの設定さえしてしまえば、WebのWithingsとシンクしてくれますし、WeightbotもWithingsの共有設定で“ウェブに公開する”の”起動する”にチェックを入れれば、設定のWithings Scaleをタップすると以下の画面になるので、Withingsのアカウントを入力すればシンクできます。

Withings Wifi Body Scale

ここまでやっておくと、Wifi Scaleで体重を測ればそれぞれのアプリを立ち上げた時に自動的に最新のデータにシンクされます。

WiScaleはプッシュ通知にも対応しているので、バッジとアラートを表示することも可能です。

あぁ、WithingsはRunKeeperのWebサイトに連携させることも可能です。

RunKeeperと連携させると、体重や体脂肪のデータのRunKeeperのWebサイトで確認することができるようになります。

最近のWebサービスってホントにすごいですよね。

これで後は自分の体調管理をしっかりするだけですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

メッセージをどうぞ!!

この投稿へのトラックバック

  1. […] This post was mentioned on Twitter by tomo, gadget. gadget said: Weightbotで記録してきたデータをWithingsに移行する。: せっかくWeightbotで記録してきたデータを移行しないのはとてももったいないですよね […]

トラックバック URL